2020日本ダービー

今までamebaブログにG1予想を書いてきたが、今回から自作のホームページに書いていきます。昨年はJRA平地G1の回収率は100%超えで調子が良かったのだが、今年はどうも…。天皇賞(春)でようやく万馬券的中したが、その後の流れもイマイチ…

ホームページ作るのに銭もかけたんで、何とかしないとダメなんだよ!



【低所得おじさんの過去10年の日本ダービー馬券成績】
2010 はずれ
2011 はずれ
2012 はずれ
2013 三連単549.5倍的中
2014 三連単1033倍的中
2015 馬単22.2倍
2016 三連単46倍的中
2017 即PAT投票画面クリックし忘れによる買い間違いではずれ
2018 はずれ
2019 はずれ



2016年辺りまでは自分の事を『ダービー男』と言うぐらい好相性のレースだったが、2017年の購入間違いから流れは完全に死に、近二年は惜しくも何にもないはずれ方…

2017年レイデオロが勝ったダービーの買い間違いは低所得おじさんにとっては痛恨の一撃で、今でもトラウマでその時のレース映像を観ると吐きそうになる…

今年こそ!という意気込みで予想をしたが、何か良い予感がしねえだ…



日本ダービーの予想のコツは、皐月賞の直線のパフォーマンスが良かった馬から買えば、自然と結果が付いてくる。古くは95年タヤスツヨシ、最近では16年マカヒキ。いずれも勝ち馬より良い脚を使っており、広い東京で逆転となったわけである。14年三連単1033倍的中した時も、これに当てはめてワンアンドオンリー本命で、中野のタイ料理屋で豪遊させてもらった

今年の皐月賞を見ると、直線でパフォーマンスが良かったのはコントレイル・サリオスとなり、実際この二頭が3着以下を突き放しており、能力も抜けている。


つまり今年のダービーは堅そうだ…


ちなみに3着ガロアクリークも外から良い脚で伸びていたが、この日の中山芝は外差し馬場で、展開も向いたのでそこまで評価はしていない。それにキンシャサノキセキ産駒で2000mが限界だと思っているので、3着ぐらいはあるかもしれないが、1~2着馬との逆転までは厳しいだろう



コントレイルの皐月賞は、最内枠が仇となり、予定より番手が後ろになってしまう。ただ向こう正面で外に出せるスペースが運よくできて、そこから外まくり抜け出しで、サリオスとの追い比べを制した

ただ素直じゃない低所得おじさんは、まだサリオスとの勝負付けはついていないと思っている

コントレイルは、内を回ったサリオスを比べると大分ロスの多い走りをしていたのだが、先にも書いた通り、この日のトラックバイアスは外差し馬場。直線では内にいた馬はサリオス以外は全滅

それにこの馬は昨年の東スポ杯の時も、1800mでも距離微妙と言われていた馬で、そこから成長もしているので距離延長も大丈夫だとは思うが、2400mの距離がベスト条件では無い


その点を踏まえて、サリオスを本命に選択した



そもそも朝日杯のハイペース先行押し切りの内容を評価しており、朝日杯はサリオスの強さだけが際立つレースだった。ホープフルSと比べても朝日杯のレースレベルの方が断然上で、皐月賞もコントレイルより上位評価にしていた(本命はサトノフラッグでしたが…)

その皐月賞では、最後の直線は馬場の悪い内を走ったのに加え、手前も替わらず。さらに大型馬の休み明けで、上積みはコントレイルよりこちらの方にあると見て、サリオスを本命にしてみる

今開催の東京芝はずっと前有利馬場。枠が若干外目だが、前目で競馬ができるサリオスにとっても良い。走法的にも左回りはプラス。コントレイル同様、距離延長に不安が無いわけではないが、操縦性の高い馬だし、ハーツクライ産駒なので大丈夫だと思う。馬体も絞れて陣営の本気度を感じる

鞍上のダミアン・レーンは昨年ほどの勢いを感じれないが、日本ダービーは2回目の騎乗。昨年1番人気サートゥルナーリアの騎乗経験の上積みがあると思っているので信じるしかねえだ!


ディープインパクトを破るのはハーツクライ。ジャイアントキリング再び



◎サリオス
〇コントレイル
▲サトノフラッグ
△ワーケア
△ヴァルコス
△アルジャンナ
△レクセランス
△ヴェルトライゼンデ
以下、ガロアクリーク、サトノインプレッサ、マンオブスピリット、マイラプソディ、ビターエンダー、ウインカーネリアンまで買い目に





サリオス軸の三連複流しで勝負


当てて刺身パーティーをしようと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。