ブルーザー永吉(ながよし)

1982年生まれ。東京都出身。2005年から芸人として活動を始め、売れぬまま歳を食うだけ食って、2022年9月に所属していた芸能事務所も辞め、自由人に。要するに人生迷子のフーテンの低所得おじさん

競馬をメインに公営ギャンブルを日々精進し、中央総武各駅電車に乗って神宮球場にヤクルト戦を観に行く暮らし。夏場には青春18きっぷを利用して1週間程度の一人旅に出る


【Twitter】

【note】(2019~2021年)

【Amebaブログ】(~2020年)



【略歴】


1982年 東京都生まれ、アパート貧乏育ち


1991年 地元の少年野球チームに入る


1992年 若貴フィーバーで大相撲ブームの中、何故か曙ファンになる。この頃からへそ曲がりであった


1993年 少年野球チームでキャプテンを任されるも、キャプテンシーが無く数か月で更迭される


1993年 幼少の頃からバス酔いが酷く、小学校の林間学校の時、一度の旅で3回ゲロを吐く


1994年 小学生の時に競馬と出会う


1997年 三沢光晴に憧れて全日本プロレスファンになる


1998年 三沢光晴に憧れて高校の教室の机にタイガードライバーをかけて、受け身に失敗し、尻付近の尾骨が変形する怪我をする


1999年 西部警察の再放送観たさに高校の学園祭をサボる


2000年 西部警察の再放送は終わっていたが高校の学園祭をサボる


2000年 東京ヤクルトスワローズファンになると決意


2001年 大学入学後、学生プロレスに入るも部費の高さに心が萎え、半年で逃げるように辞める


2002年 西部警察の再放送は終わっていたが成人式をサボる


2004年 就活の為に一生懸命バイトしてノートパソコンを買うも、エロ動画ばっか見て就活を一切せず


2004年 何を血迷ったか、お笑い養成所に入学。ここから人生の階段を踏み外す


2005年 養成所卒業後、芸人として歩み始める


2007年 リボ払い借金地獄が始まる


2008年 組んでいたコンビを解散したことで、ますます暇になったのをきっかけに青春18きっぷ一人旅を始める


2009年 所属していた芸能事務所を辞め、翌年に別の芸能事務所に移籍


2013年 ボートレースを始めて、ますます依存症を突き進む


2015年 スワローズが14年ぶりに優勝。珍しく強いもんだから調子に乗ってたくさん試合を観に行ってしまい、チケット代で借金がますます膨れ上がる


2017年 青春18きっぷ旅を始めて9年で全プロ野球本拠地球場(広島市民・神戸を含む14球場)をコンプリート


2018年 京都競馬場で行われるJBC観たさに生まれて初めて夜行バスに乗る。35歳にしてバス酔い克服宣言


2019年 青春18きっぷ旅を始めて11年で鉄道が走っている46都道府県をコンプリート


2022年 コロナにより20~21年と青春18きっぷ一人旅を断念していたが、3年ぶりに旅に出る


2022年 自由を求め、所属事務所を辞める


そして現在に至る