競馬の出会いは1993~94年の小学校高学年の時。友人宅でスーパーファミコンの競馬ゲーム『ダービースタリオンⅡ』『サラブレッドブリーダー』を友人がやってたのを見て興味を持ち出した

小学6年生の時(1994年)から競馬中継を毎週観るようになり、週刊ギャロップや報知新聞が当時出版していたファンファーレなどの競馬雑誌も読むようになった

こういった経緯で競馬が好きになり、クラスメイトと公園で遊んでいても「中京記念にオークス馬チョウカイキャロルが出るから」と言って途中で帰ったり、中学の時に運動会と宝塚記念の日が被り、どうしても宝塚記念をテレビで生観戦したくて、運動会が終わった瞬間に学校を逃げるように飛び出して家に帰ったりするような頭のおかしい子供であった

ちなみに、その時の宝塚記念(1995年)は、淀で散ったライスシャワーのレースで今でも杉本清さんの実況と共に印象に残り続けている





一番最初に好きなになった馬は三冠馬ナリタブライアン。競馬を本格的に見だした初年度がナリタブライアンの三冠と被ったことが大いに影響しているが、白のシャドーロールに何故か興奮を覚えたのだ

その頃は子供なので当然馬券など購入しておらず、純粋な気持ちで競馬を見ていたが、今現在は「銭だ…、銭だ…」と言いながら馬券を買っている薄汚いじじいになってしまった…

騎手は岡部幸雄ジョッキーが好きだった。中学生の時、親に誕生日プレゼントに岡部幸雄の栄光を振り返るVHSテープ(写真参照)をねだって買ってもらった

気持ち悪い糞ガキである…





1999年からはA6のキャンパスノートにJRAの全重賞の予想を書くようになり、2019年まで20年間書き続けた。人に見せるわけでもないのに…

そんなノートも2020年で書くのをやめた。理由は書き続けたノートが20冊になり、かさばって邪魔で仕方無いという事と、「これを書く意味があるのか?」と20年目でようやく気づき、ノート記入を引退した





2015年頃からはGⅠマフラータオル(GⅠ開催日に現地の競馬場でしか買えない長いタオルで価格1,000円)を集め始める

しかし、これまた膨大な数になり、私の住んでいる豚箱のような狭いボロ家では収納するスペースが無くなり、こちらは開始3年ぐらいで現役引退

今も写真のように未開封状態で押し入れに眠っている…

使わないのに何故買ったのだろうか…





ノート記入やマフラータオルは引退したが、現在でも続けているのがGⅠ開催時に発券される記念入場券の保存

あとスポーツ紙(現在は競馬専門紙)のGⅠ馬柱を切り取ってファイルに保存している事。これは1999年の有馬記念から始めたので、もう20年以上になる

もう止めるタイミングがわからなくなってんだよ…





現在の野望はJRAの全ての競馬場(全10場)に行く事

どうしようもない低所得おじさんなので、飛行機や新幹線に乗る銭など持っていない…。なので青春18きっぷを使って東京から小倉競馬場まで行ったり、鈍行列車で札幌競馬場まで行ったりした

残すは函館競馬場のみ

20万円馬券を獲れれば、何とかなりそうなんだが…


【競馬旅打ちブログ】
https://b-nagayoshi.com/category/keiba/%e6%97%85%e6%89%93%e3%81%a1/



さて肝心の馬券の腕前の方はどうなんだというと、私自身が現在も不動の低所得おじさんであるという事を理解していただければ…

お察しください…


【競馬ブログ全体】
https://b-nagayoshi.com/category/keiba/

【競馬GⅠ予想ブログ】
https://b-nagayoshi.com/category/keiba/g1%e4%ba%88%e6%83%b3/