2020.10.15 東京ヤクルト×横浜DeNA 神宮球場



ほぼ一か月ぶりの神宮観戦。前回の観戦と一緒なのは、昼間に事務所の稽古場でネタ見せをやった後の神宮球場であるという事。先月はややウケ、この日は大不発。芸人の仕事は順調に下降線である

前回と違う点は二点。ひとつは気温が前回観戦時と比べて10℃ぐらい低い。試合直前まで雨が降っており、乳首が隆起するぐらい肌寒い…。そんな中で布が薄目の服で来てしまったので辛い辛い…。よく考えてみたら、平時だったらクライマックスシリーズが行われている時期なので当然か…

仕方が無いのでリュックから事務所ネタ見せで大不発だったネタで着た衣装を一枚インナーとして着て観戦

こんな縁起悪いもん着てたらスワローズ勝てねえだ…

もうひとつの違う点は、神宮球場の観客上限が5000人から1万4500人に引き上げられた事。ただ上の写真をご覧いただければお分かりの通り、内野席はガラガラで観客発表が8757人。まぁ天気も悪いし、消化試合なんでね…

15年ぐらい前のヤクルト×横浜戦もこれに少しお客さんが入ってるぐらいだったんでそこまで違和感は無かった。私は消化試合であろうとスワローズ戦が観れればいいので逆にゆったり見れて快適であった





この日は村上ボブルヘッド人形プレゼント(スワローズ側の席購入者に)

いただけて非常に嬉しいのだが、私みたいな低所得おじさんは豚箱みたいな狭いところに住んでいるので、置き場所が無く結構かさばるのだ…。過去に畠山・川端・山田などの人形をいただいてきたのだが、箱のまま押し入れに眠っている…

ただ私は転売などは一切しませんので大事に…大事に保管させていただきます





スワローズ先発はルーキー吉田大喜。2019年のドラフトでは、ダントツの最下位のアドバンテージを生かして2位吉田大喜、3位杉山晃基、4位大西広樹と上級の大学生を3名も獲得する事ができた。うっす~いスワローズ投手陣の中で3投手ともすぐに1軍で活躍できる素材だと思っていたが、1軍に定着しているのは吉田大喜のみ

この日のピッチングも含めて毎回そうなのだが、先発投手としてのスタミナがまだ付いていない感じで不安定な内容が続いている

プロって甘くないんだねぇ…

ただこの日は不安定ながらも粘り強さは出しており、試合を作ってナイス活躍であった



正直なところ、近年スワローズが上位で指名した大学生投手がことごとく期待値を上回るような活躍をしておらず、どうなってんだい?って思うところがあるのだが、2018年ドラ1の清水昇のように今年中継ぎでハマってブレークしたケースもあるので、3投手には来年期待して応援しますよ…

そして今年ドラフトで指名した慶応の木澤くん・東北福祉大の山野くんも温かい目で見ることにしますよ…。いきなり活躍してくれたら嬉しいけど…

原樹理・星知弥はもっと頑張れよ!!!





話はスワローズと全く関係無いのだが、この日の20時に門別競馬場で交流重賞エーデルワイス賞(JpnⅢ)が行われる為、19時30分頃から試合そっちのけで予想に集中。私は病気なのでご勘弁ください…

おかげ様で小銭的中。過去を振り返ってみると、私は神宮球場で野球を観ながらナイター競馬を買うと勝率が良いのだよ…

馬券も当たって気分よく試合が観れました





さて試合の方は、先制点を許すも早々に追いつき、村上のホームランなどで逆転勝利(4-3)

珍しくマクガフがスムーズに抑えたんだよ…

珍しく…

試合後のヒーローインタビューで村上が「最下位ですけど4番を任されている以上はタイトルを獲りにいく」的なスーパーサンダーカッコイイ事を言って痺れた…

まだ20歳なのに立派だなぁ…

私が20歳の時は、レンタルビデオ屋にエロDVDを借りにいくことしか考えてなかったのに…

28日の広島戦で2本ホームラン打ってトップの岡本と1本差

二冠王になってくれたら低所得おじさんも感激です



2020年スワローズ戦観戦成績2戦2勝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

2020菊花賞

次の記事

2020天皇賞(秋)