2020エリザベス女王杯



まずは前回のGⅠ天皇賞(秋)の振り返りから…

3着クロノジェネシスの評価を下げていたので大トリガミで終了。まぁアーモンドアイを軸にした時点で回収はできないと思っていたので仕方が無い。オッズ順に資金配分していたら微増ぐらいにはできたかもしれないが、オッズ順よりも自己評価順に資金配分する事に回収の芽があると思っているので悔いはねえだ…

アーモンドアイはスタートを決めて直線も絶好位からの抜け出し。ただサンデーレーシングの二頭(フィエールマン・クロノジェネシス)がスタートで挟まれて無ければ、また結果も違ったかもしれない…。フィエールマンは有馬記念楽しみ





長いこと低空飛行だった低所得おじさんも先週の京王杯2歳Sで万馬券的中。風向きが変わったと信じてエリザベス女王杯に臨みますよ

変わったはずなんだよ…





【低所得おじさんの過去3年のエリザベス女王杯馬券成績】
2017 はずれ
2018 三連複86.6倍的中
2019 はずれ

相性は良くも悪くも無く。2~3年に一度は当たっている感じなので、この流れなら今年チャンスがあるはずなんだよ…



ラッキーライラックが大外枠に入った事で馬券的に面白くなった一戦。逃げ馬不在、今年は京都から阪神にコースが替わるので内回り、高速馬場でトラックバイアスは前有利気味。ある程度機動力のある馬でないと厳しいか

ラッキーライラックはある程度前の位置で競馬ができるし、地力的にもトップクラスなので連覇のイメージもできるのだが、やはり18番枠は遠すぎる…。昨年のエリザベス女王杯も大阪杯も内をロス無く回っての勝利だっただけに、同じようなパフォーマンスを見せられるかどうかは微妙

展開的・馬場的にはラヴズオンリーユーが良さそうに思えるが、オークスを強い勝ち方した割には、以降のレースの走りが案外で地力と成長力を疑問視

色々考えた末、ソフトフルート・ノームコア・センテリュオの3頭に絞り

ノームコアを本命に決めた



前で競馬ができる馬ではないので、今日の展開に合うかは不安なとこだが、高速馬場はヴィクトリアマイルでこなしているので問題無い

牡馬相手に強い勝ち方で重賞を買っており地力十分。内回りコースも元々は中山を走っていた馬なので問題無いし、前走の札幌記念も内をロス無く回る楽な競馬だったが、いつもより前目で競馬ができたことを評価したい

6番枠も最高なので、あとは魔術師・ノリさんがどう乗るかを見守るしかない…



◎ノームコア
○ラッキーライラック
▲センテリュオ
△ソフトフルート
△ラヴズオンリーユー
△エスポワール
△サラキア
以下、シャドウディーヴァ、ウラヌスチャーム、サトノガーネット、ウインマリリン、ウインマイティまで押さえる





ノームコア軸の三連複流しで勝負



当ててスーパーでうにをパックで買ってやろうかと思います



【競馬note】https://note.com/b_nagayoshi



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です