2020朝日杯フューチュリティS



まずは先週の阪神ジュベナイルフィリーズの振り返りから…

メイケイエールの地力を信用して買ったわけだが、結果的に最後の止まり方を見る限り、言われてた通り距離が長かったか…。気性が成長すればマイルもこなせるかもしれないが現状では厳しかった…

素直にソダシから買ってりゃ無難だったんだよ…。展開的にも前有利のトラックバイアス的にも…

スケベ心を出し過ぎただ…

朝日杯は心穏やかに…





【低所得おじさんの過去3年の朝日杯FS馬券成績】
2017 馬単8.4倍的中
2018 はずれ
2019 三連複380.8倍的中

昨年はサリオス軸で相手に買っていた単勝229.3倍14番人気のグランレイが最後外から伸びてきて3着に入って万馬券的中した時は低所得おじさん痺れた…

ただ人生そんな甘いもんではなく、昨年大当たりしたレースの翌年など大体が外れるようになってるんだよ…。今年は安い馬券でも当たれば良しとしよう…



昨年はサリオスという大柱がいたが、今年は抜けて強いという馬が見当たらず。レッドベルオーブは気性面が課題。レコード激走後の反動も気になる。ステラヴェローチェは道悪競馬しか経験が無く、先週のインフィナイトと被る。それにこの鞍上なので奇策に走った時は裏目になりそう…。ショックアクションは新潟2歳Sを勝ったがレースレベルに疑問。ホウオウアマゾンは前走レッドベルオーブに勝負をつけられた印象。モントライゼは鞍上魅力も距離延長微妙で外枠

どの馬も不安要素があるのだが、一番マシなのはレッドベルオーブか

デビュー戦は2着と敗れているが、4角から直線入口にかけて包まれて動けなかった分の負けでスムーズだったら勝っていた内容。二走目は道中力み気味もハイペース先行押し切りレコード快勝と強い内容。前走デイリー杯2歳Sも道中力み気味で走って、しかも勝負どころでは窮屈な位置にいて厳しかったが、内に切り替えて地力でホウオウアマゾンを抑え込む。ペースも淀みの無い流れのレコード勝ちで、今回のメンバーだったら地力トップか



課題は道中力んで走るので相手が強くなって多頭数になるとちょっと怖い。ただ真ん中の枠に入ったので、好位で我慢させて走りやすいとは思うが、無理して内に入れて包まれた時は危なさそうだが…

それと激走した後の反動の有無。調教でも動いているのでそこは大丈夫かと思うが、兄のレッドベルジュールも昨年デイリー杯を激走して朝日杯でさっぱりだったので…

まぁ不安要素を言い出せば切りがないので、馬の能力を信じて福永さんに期待しましょう



相手で面白いのがバスラットレオン。札幌2歳Sではハイペース先行でソダシ・ユーバーレーベンの追撃を前受けし、厳しい展開だったが最後まで良い粘りを見せて3着と強い内容。前走は距離が長かったので参考外。距離短縮の今回は力を発揮できる条件だろう



◎レッドベルオーブ
○バスラットレオン
▲ホウオウアマゾン
△ジュンブルースカイ
△ステラヴェローチェ
△モントライゼ
△ロードマックス
以下、ショックアクション、ドゥラモンド、グレナディアガーズ、アスコルターレ、ブルースピリット、スーパーホープまで押さえる





レッドベルオーブ軸三連複流しで勝負



当てて刺身を60枚食べたいんです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。