青春18きっぷ一人旅2009 1日目① 会津福島を巡る

※書いているのは2021年ですが、2009年の話です。


ブルーザー永吉と青春18きっぷ一人旅についての概要は【こちら】をご覧いただけたらと思いますが、このホームページを2020年に作成し、まず書いたのが2008年に初めて青春18きっぷを使用した一人旅の事(詳細はこちら

そして今回からは、その翌年2009年に行った青春18きっぷ一人旅を別に誰からも書いてくれと望まれているわけではございませんが、コロナ渦でより一層ゲロ暇なので書かせていただこうかと思います

当時撮った写真と自分で作成した旅のしおりを基に何とか書いてみますが、ただ12年近く前の事であるのと、最近オッサンになったせいか物忘れも酷くなってきた事もあり、細かい部分は記憶からかき消されているのでご勘弁ください



2009年8月24日(月)


前年(2008年)は中部~近畿~中国と西日本を旅したので、今回は逆を行こうという単純な理由で東北地方を中心とした北日本を旅する

ドン・キホーテで買った安物の馬鹿デカいリュックに着替えの衣服・洗面道具・雨具などを詰め込んで、陽が昇る前に自宅を出発。最寄駅で青春18きっぷに1回目のスタンプを押してもらい、最初の電車に乗り込む

AM5時前に新宿駅に到着。北へ向かう旅が始まる



新宿 4:45発 山手線外回り
池袋 4:53着

池袋 5:02発 埼京線
赤羽 5:10着

赤羽  5:20発 東北本線
宇都宮 6:51着

宇都宮 6:56発 東北本線
黒磯  7:47着

黒磯 7:51発 東北本線
郡山 9:01着





郡山駅で乗り換え40分待ち。改札を出て駅周辺を徘徊。朝食として郡山名物でも食べようかと思ったが、郡山名物の食べ物が何なのか分からなかったので、結局何も食べず駅のベンチでただただ固まって座っていた



郡山    9:43発 磐越西線
会津若松 10:54着





会津若松駅で下車し、「ハイカラさん」という周遊バスにハイカラでも何でもない汚い服を着た低所得者が乗り込む





鶴ヶ城到着

私は幕末の歴史がこんにゃくゼリーぶどう味と同じぐらい好きなので、是非来たかった場所である

とは言え、鶴ヶ城に来るのは実は二度目。中学二年生の時に林間学校で来ている

その当時は道端にエロ本が落ちていないかばかり考えている童貞少年で、幕末に興味を持つ前だったので、鶴ヶ城の印象が余り残っていない。なので今回が初めて来たと言ってもいいだろう

前回来た時で唯一憶えているのは、お土産に白虎隊の扇子を買った事。白虎隊のよく分かっていない糞童貞野郎がどういう意図で買ったのかは、現在も不明のままである…

私個人的には薩長の方が好きなのだが、今回は新政府軍に挑んだ会津藩、白虎隊の青年たちの志を感じながら城内を見て回る

そして再びハイカラさん号に乗り込み会津若松駅へと帰る



会津若松 13:07発 磐越西線
喜多方  13:23着





喜多方下車。ここに来たらラーメンを食べるしかねえだ…

昔、家の近所(東京)に喜多方ラーメンと名乗る店があったので子供の頃から馴染み深いのだが、本場の味は如何なるものか…

事前に店はネットで調べており、有名であろう店をピックアップ。地図を見ながら行ってみると、平日なのにすでに長蛇の列。さすが有名店…

列に並ぼうかと思ったが、次乗る電車の時間の関係で断念。周辺で別の店を急遽探すことにする

少し歩いてラーメン屋を発見。『百福亭』というお店である

列は無かったが、店内は賑わっていたのでここに入ることにする





その時のメモが残っていないが、確か普通のラーメンを注文したはず

十分美味いじゃねえか…

喜多方のちぢれ麺はナイスですね…

そう村西監督的言葉を心に思いながら会津を後にするのであった



つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。