青春18きっぷ一人旅2009 2日目① 初山形、米沢観光

※書いているのは2021年ですが、2009年の話です。これまでの話はこちら



2009年8月25日(火)


朝4時起床。新潟駅6時発の電車に乗る予定だが、宿泊したネットカフェが新潟駅まで徒歩30分ぐらいかかるので早めの起床となる

汚い髭を剃って、臭い歯を磨いて、荷造りして、最後にドリンクバーで甘いジュース飲んで5時に出発。重いリュックを背負いながらトボトボ歩いて新潟駅へ。北へ向かう



新潟  6:01発 白新線
新発田 6:36着

新発田 6:45発 羽越本線
坂町  7:08着

坂町 7:17発 米坂線
米沢 9:56着





米沢駅で下車。私自身、この時が初山形県となった

駅前のバス停から循環バス(片道200円)に乗り、上杉神社へ





『山形県 観光』で検索したところ、米沢に上杉神社があることを知り、訪れることにした。山梨県甲府にある武田神社は行ったことがあるので、これで武田・上杉の神社制覇となる

上杉神社に隣接する建物でこの年(2009年)の大河ドラマ・天地人の催し物『天地人博』が行われていたが、時間の関係で断念。心残りだったがタイトなスケジュールを組んでしまったので仕方ねえだ…





上杉鷹山公の名言も素晴らしいのだが、やっぱり謙信公の石像が見たい





ん?





鳩が私の謙信公撮影を頑なに邪魔してくる

そのうち飛んでいくだろうと思い、その場で待つも鳩は頑なに動かない…

『為せば成る、為さねば成らぬ何事も』

鷹山公、そういうことなのですね…

私は為すために電車の時間が迫りつつあっても、耐えて待つことにする





為してやりましたよ…。鷹山公、学ばせていただきました…

謙信公の写真も撮れたので、急いで循環バスに乗り込み、米沢駅に戻る

電車に乗り込む前にやる事がひとつ





米沢といえば米沢牛

私みたいな低所得身分では手は届かないのだが、せめて駅弁ぐらいは…と思い、デパ地下などの駅弁フェアでもお馴染みの『牛肉どまん中』弁当を、販売元の新杵屋の本社工場直売店が米沢駅前にあったので、弁当代1,100円を握りしめて買わせていただきました…





ご飯の上に肉の絨毯が敷かれてる。低所得者には無縁の光景を目の当たりにして震える…

電車の中でいただき、口の中が幸せでした…



つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

2021高松宮記念

次の記事

2021大阪杯