2021オークス



まずは先週のヴィクトリアマイルの振り返りから…

グランアレグリアの順当勝ち。昨年のアーモンドアイ同様に牝馬戦なら格・力が違いすぎた。次は安田記念を使うとのことだが、中2週の短期間競馬でパフォーマンスを維持できるかどうか注視したい

馬券的には2着ランブリングアレー(10番人気)をそこそこ評価していたのに購入金額を少額にしてしまったのが失敗だった…

あと100円買えてたら近所のスーパーで立派な刺身パックが買えてたんだよ…

今週こそ夢見させてくれよ…



【低所得おじさんの過去5年のオークス馬券成績】
2016 三連複20.7倍的中
2017 はずれ
2018 三連単33.6倍的中
2019 はずれ
2020 はずれ

過去15年振り返っても3度しか当たっていない相性の悪さ…。8年連続で1番人気馬が3着以内に入っており、私は逆行するかのように別馬から狙って見事に玉砕…

スケベ心は出さない方がいいレースだが…

では低所得おじさんの今年のオークスの予想へ





まず1番人気ソダシ。桜花賞をレコード時計で制し、不向きと思われた高速馬場でも強さを見せた。ただサトノレイナス以外は弱かったし、展開も楽だったので勝ち時計ほどのインパクトは無い

今回は2400mと距離が延びる。クロフネ産駒で距離延長がプラスとは思えないし、高速馬場も前走こそこなしたが良いとは思えない

展開的に今回も楽に前で競馬ができそうな組み合わせで、サトノレイナスも不在なので適性不向きでも地力だけで勝ってしまいそうな気もするが、不安要素が多いのも事実なので、無謀承知で別馬から狙ってみる



この世代最強はサトノレイナスだと思っているが次週のダービー出走のため不在。では今回のメンバーの中でソダシの次に地力上位になるのはユーバーレーベンだろう

札幌2歳Sで3角仕掛けで長く脚を使ってソダシを追い詰めて僅差。アルテミスS・フラワーCは騎手が下手に乗っているので参考外でいい。阪神JFで後方の厳しい位置から良い脚を使って強い1~2着馬を追い詰める3着。前走フローラSも不向きな展開の中で脚を使って3着と堅実。今までのレースより前目の番手で競馬ができたのも収穫だった

広い東京コースなら競馬がしやすいし、2400mの距離も父ゴールドシップを考えれば問題無し。ただこの馬も高速馬場向きの血統かと言われると微妙…

そこは距離適性と地力でカバーしてくれると信じるしかないが、減り続けた馬体重も戻したので前走以上の上積みを信じて買う

岡田総帥に勝ちを捧げてほしい…



◎ユーバーレーベン
○ソダシ
▲ステラリア
△アールドヴィーヴル
△クールキャット
△ククナ
△アカイトリノムスメ
△ファインルージュ
以下、ウインアグライア、スルーセブンシーズ、ニーナドレス、パープルレディー、タガノパッションまで押さえる





ユーバーレーベン軸三連複流しで勝負



当てて電動マッサージチェアを買ってボロボロの腰を癒そうかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です