2021.4.17 まさかの土日両日GⅠ指定席当選 中山グランドジャンプ編



「土日とも当たってるだ!!!」



以前より『関東で行われるGⅠ(J・GⅠ含む)は現地観戦しなきゃダメなんだよ!』というルールを自身で勝手に作っており、昨年も有観客で行われた東京中山開催GⅠの指定席抽選は全て応募した


天皇賞(秋) 落選
ジャパンC 落選
有馬記念 落選
ホープフルS・中山大障害 当選


有料会員が当選率高いとされている中で、雑魚一般会員の私には厳しい闘いであったが、最後の最後にホープフルS・中山大障害の日が当選

当選した喜びで昇天したが、そこが幸せのピークで現地中山競馬場では、ホープフルS軸馬ランドオブリバティの逸走など大地獄を見た…

※その時のブログは下のリンクから…




あれから4か月…。ダメ元で応募した4月17日(土)中山グランドジャンプと4月18日(日)皐月賞の中山競馬場指定席がまさかのW当選

どちらか当たれば上出来と思っていたが…。一般会員でもこんな事があるのか…

これは私に流れが来ているに違いない…

低所得おじさんのリベンジの時が来た…





2021年4月17日(土)

昼前に中山競馬場に到着。検温・本人確認をパスして自分の席に着く

まず最初に入口で競馬場の係の方からもらった袋の中身を確認(上の写真参照)


あれ?


昨年末に来た時同様にレーシングプログラム・ウェットティッシュ・場内で使える300円割引クーポン券は入っていたのだが、無料で競馬専門紙と引換できるアンケート用紙が入っていない…

どうやらそのサービス自体を止めてしまったらしい…。行きの電車の中でどの専門紙と引き換えようか楽しみに来たのに残念…

気持ちを切り替えて300円割引クーポンを使って飯を食うことにする





入場制限しているだけあり、どこの店も空いていてノーストレスで品を購入できる状況の中、私はパドックVのハヤシライスを選択(650円→クーポン使用で350円)

本当はラーメンが食べたかったのだが、お腹の調子が微妙でこの状況下でラーメンを食べてしまうと脱糞のリスクが高くなってしまうと思い、お腹と喧嘩せず仲良くしてくれそうなハヤシライスをチョイスしたのである。結果的にマイルドでナイスなハヤシライスだったので満足であった

腹を満たした後は無料飲料コーナーに行き、冷たいほうじ茶を二杯飲む。三杯目も行こうかと思ったが、これ以上飲んだら腹壊して脱糞すると思い我慢

危機管理能力がしっかりしている自分を褒めてやりたい

自分の席に戻り、仕事に取りかかる





中山7R

本命シングンバズーカは15着でダントツのビリ…

馬券購入初っ端だったが、私の脳内で本日の試合終了のホイッスルが鳴り響いたような気がした…

同馬は未勝利時代から軸にして馬券を買ったりして評価しており、今回休み明けだったが低レベルメンバーなので地力だけで通用するかと思ったが…

冷静に考えてみれば、一気の距離延長の初距離&休み明け&前で競馬できない不器用な脚質のリスクまみれの馬を軸にすること自体間違っていた

馬は悪くないんだよ…。こういう高リスクの馬を軸で買う方が悪いんだよ…

低所得者なんだから冷静に考えろよ!バカ野郎!!





冷静さを取り戻すために東西メインレースまで待機。そのおかげで低所得おじさんに清い心が生まれ、覚醒したのである

穏やかな足取りでパドックに向かい、中山11R中山グランドジャンプに出走する馬たちを眺める

軸はすでにメイショウダッサイで決めている。絶対王者オジュウチョウサンにかつてほどの力はなく、昨年の京都ジャンプSもかなり物足りない内容。今なら十分世代交代可能

あとはレース自体に馬券妙味があるかどうかだけ…





三連複17.3倍×100円的中も大トリガミ…





中山グランドジャンプの前に行われた、阪神11RアーリントンC(GⅢ)も大外れ…

本命ジャスティンカフェは道悪に苦しみ、最後は阪神の直線の坂でとどめを刺され沈んでいった…


待機した事で清い心は生まれたが、馬を見る目は全く生まれなかった…

※なお、中山グランドジャンプ&アーリントンCの詳細予想とレース回顧はnoteの方に書いているので、気になる方は下のリンクからご覧ください




トータル収支 -11,370円



最初の中山7Rの時点で試合終了のホイッスルは鳴っていたんだよ…

嘆き、後悔、自己嫌悪を一人でブツブツ言いながら、西船橋駅に通ずるオケラ街道をトボトボ歩きながら帰るのであった…


ただ!!


私にはまだ明日の皐月賞当日の中山競馬場の指定席があるんだよ!!

低所得者はやらなきゃダメなんだよ!!



皐月賞編につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

2021安田記念

次の記事

2021宝塚記念