青春18きっぷ一人旅2009 4日目② 岩手南北移動

※書いているのは2021年ですが、2009年の話です。これまでの話はこちら



2009年8月27日(木)


2時間ほどの平泉・中尊寺観光を終えて再び青春18きっぷで電車移動。北上する



平泉 12:32発 東北本線
盛岡 13:57着



さて乗車した平泉~盛岡間(一ノ関~盛岡)の東北本線について余談を…

青春18きっぷ一人旅を始めて10年以上になるが、鈍行鉄道旅において乗車・乗換に苦労する区間を選ぶならば、東海道本線の熱海~浜松間とこの一ノ関~盛岡間だろう

この2つの区間の共通点は…(あくまでも個人的見解)


★そこそこ混む(利用客数のわりに車両数が少ないような…)
★長距離の大動脈路線だが新快速が無い。快速・ライナーはあるが本数少
★二人掛け席の車両ではない


私が乗車したのはコロナ以前のことだが、利用客が多い区間なのに1本辺りの車両数が多くないので座席確保に多少苦労する。特に熱海駅で乗り換える時はホームも違うので席取り合戦となる

無事座れたとしてもロングシート(縦座席)で二人掛け席では無いので、端の席に座れないと長時間壁に寄りかかれないこととなる。私は腰痛持ちなので端に座れなかった時は、スーパー地獄タイムとなるのだ…

短~中区間利用の分には何も問題無いが、青春18きっぷなどの鉄道旅で始発から終点まで乗る場合は難関となる区間なのでご注意を

まぁ一番の解決策は、一生懸命仕事でお金を稼いで新幹線に乗ってください

結局、金なんだよ…



盛岡 14:10発 田沢湖線
小岩井 14:21着





話を貧乏旅に戻して…

盛岡で乗り換えて小岩井駅下車。小岩井農場まきば園へ

『小岩井農場』はスーパー・コンビニなどで商品を通して知っていたのだが、こういったアミューズメントパーク的な場所があることは、旅の下調べをしている際に初めて知った

じじいになった現在では牛乳を飲むとすぐ下痢をする体質になったが、子供の頃から無類の牛乳好きであり、「こんな牛乳の聖地みたいな場所があれば行くしかねえだ!!」てなことで行動に至ったわけである

入場料500円(当時)払って牛乳の夢の世界へ





広大な農場にべこ(牛)と羊

濃厚なソフトクリームをぺろちゅぱと舐って、新鮮な牛乳もいただいた。末期の貧乏舌の私でも牛乳の濃さはすぐわかるほどの美味しさであった

他に美味しそうな食べ物・スイーツがたくさんあり、胃が破裂するぐらい食べたかったのですが、圧倒的な低所得の私にはこれ以上の贅沢は死を意味するので断念

貧乏って哀しいね…



路線バスに乗って小岩井駅に戻ろうと思ったが、何と盛岡駅行きのバスがあったのでそちらの方に乗車

盛岡駅に到着し、次乗る電車の時間までの間、駅周辺を散歩

駅の売店で駅弁を購入して、再び鬼門の盛岡~一ノ関の電車に乗り込むのである

無事に通過できますように…



盛岡 18:15発 東北本線
一ノ関 19:48着

乗車した時間帯もあるが、やはり途中まで座れず…

人生、甘くねえだ…

一ノ関 19:54発 東北本線
仙台 21:32着





電車乗車の疲れは仙台名物牛タンで癒す

駅ナカの利久で牛タン丼を食べる。テールスープも疲れ切った膝・腰に沁みる

お腹を満たして予約していた格安のビジネスホテルにチェックイン

とっととシャワー浴びて寝てもよかったのだが…





盛岡駅で駅弁(前沢牛めし)を買っていたことを忘れており、腹7分の状況で食べる

仙台で牛タン食べるって前もって決めていたのに何で盛岡で駅弁買ったんだろうか…

やっぱり私は馬鹿なんだろうなぁ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

2021菊花賞

次の記事

2021天皇賞(秋)