2021.11.12 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第3戦 東京ヤクルト×読売 神宮球場



2015年以来6年ぶりのリーグ優勝。3年ぶりのクライマックスシリーズ進出

2年連続最下位で勿論下馬評が低いのは当然で、私自身も良くて5位、内心は「どうせ最下位だろうよ…」と嘆きの予想していたのだが、まさかリーグ優勝してしまうとは…

打線は1番塩見固定にサンタナ・オスナ加入で厚みが出て迫力が出たが、スワローズの投手陣で最後までよく踏ん張り切ったな…というのが正直な感想である

ハマったのは先発投手を6人と固定せず、一軍登録と抹消を繰り返して多数の投手を先発で使い、消耗させなかったことだろうか。奥川くんも最後まで中10日前後の間隔を空けて使い、スアレスとサイスニードを交互に一軍で使う。途中から石川さん・高橋奎二・原樹理・高梨が調子を上げて出てきたのも大きかった

リリーフ陣では石山不調をすぐにマクガフがリカバー。序盤は近藤が頑張り、今野・清水は1年通して活躍してくれた。敗戦処理が主だったが大西の打たれそうなんだけど何とか0~1失点ぐらいで踏ん張るピッチングも個人的に評価したい

『絶対大丈夫』とは全然思ってませんでしたが、高津監督の投手起用お見事でした…





リーグ優勝はハイパー嬉しいことなのだが、喜ばしいことばかりではない…

応援する身となるとクライマックスシリーズ、勝ち進めば日本シリーズも観に行かないと気が済まなくなる。そうなると莫大なチケット代がかかり、低所得な私にとっては生命の危機に瀕するのである

2015年。神宮開催のCSと神宮主催の日本シリーズ、計7試合のチケット全てをクレジットカード(リボ払い)で購入し、どれだけ利息で地獄を見たか…

2018年スワローズが2位でCS進出した時は、自分は雑魚の低所得者なんだと自覚した上で、2015年の反省を踏まえて第1~2戦の観戦を我慢して第3戦のみチケット購入。そしたら第2戦に菅野にノーヒットノーランをされて、第3戦を迎えることなく敗退。悔しい気持ちなのだが、チケットが払い戻されたことに喜んでいる自分もいて複雑な気持ちになった…

そして2021年。また全試合観に行ってしまったら、私の人生がファイナルステージを迎えてしまうので第3戦のみチケット購入。第3戦にした理由は、巨人の胴上げを見る可能性がゼロという事だけだったが、スワローズが第1~2戦と連勝し日本シリーズ進出に王手をかける形で第3戦を迎える事となった

天は私にスワローズの胴上げを見ろということなのだろう…





席はいつものライト側外野席を取ろうとしたがチケット争奪戦に敗れ、仕方なく料金が高い一塁側内野席を購入。レギュラーシーズンよりチケット料金も高く設定されており、低所得おじさんにとっては厳しかったが、ヤクルト球団の売り上げに貢献しようと気持ちで6,500円を払う

11月の神宮は激寒である。敵は巨人だけでは無く、尿意とも戦わなければならない。体を冷やさないよう防寒対策バッチリで球場に向かったが、席に座ってわずか20分でしょんべんがしたくなる…

私の完敗だ…

巨人、いやヤクルトより尿意は強かった…





そろそろ試合の話を…

この日はニッポン放送ショウアップナイターでも中継をやっていたので、エセ上級者の私はラジオを聴きながら観戦。解説の井端弘和さんが「巨人先発メルセデスはスタミナは無いが、登板間隔が空いた時は良いピッチングをする」的な事をおっしゃっており、まさにその通り試合開始から高速テンポで快投を続けていた

スワローズ先発原樹理も調子は良さそう。こりゃ投手戦になりそうだな…と思いきや、2回表に大城の打球をもろに素手で受けて負傷降板。内野席の上の方に座っていたが、嫌な乾いた音がイヤホン越しに聞こえてきた…

こりゃきついだ…





ただベンチに先発タイプの金久保くんを入れていたことが不幸中の幸いだった。緊急登板であまり調子は良さそうには見えなかったが、3イニングを1失点で踏ん張り試合を作ってくれた

ヤ0ー1巨

メルセデスから点が取れない…

先頭塩見が出塁しチャンスメイクするが、今シーズンのスワローズは2番青木にバントをさせない野球をしてきたので、ここでもバントは無いんだろうなと観ていたが、結果的に青木バントせず凡退でチャンスを広げられず点入らず…

この試合ノーアウト1塁で2番青木のケースが2度あったので、大事な試合なんだからバントしてくれよ…と脳内でぼやいていたのだが…





ただで終わらないのが青木宣親

7回裏、満塁の場面でリリーフ登板の巨人中川の初球をレフト前ヒットで逆転

青木様、グダグダ言って大変失礼致しました…





その後、清水が冷や冷やのピッチングで同点に追いつかれたが、引き分けで逃げ切り日本シリーズ進出決定

やはり天は私に胴上げを見ろという事だったのだ…

リリーフ登板の石山・スアレスも良かった。特に石山は大分調子が戻ってきた印象。石山復調は非常に大きい

久々に代打で内川が登場したのも嬉しかった。センターフライだったが、良い当たりだったので2軍に落ちる前の9月上旬よりは調子は良さそうである





日本シリーズは東京ドーム開催なので、今年最後の神宮でいいものを見させていただきました

寒さで尿道がパンパンなので千駄ヶ谷駅まで早足で帰らせていただきます…



2021年スワローズ戦観戦成績9戦3勝3敗3分け


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。