2021.11.23 日本シリーズ 第3戦 東京ヤクルト×オリックス 東京ドーム



スワローズ同様、私も2015年以来6年ぶりの日本シリーズ観戦。スワローズ×バファローズの対戦カードとなると2001年のシリーズも観に行っているので20年ぶりの観戦となる

それにしても過去2年は安定した弱さの最下位だったので、まさか2021年に日本シリーズを観に行くことになるとは開幕前は全く想像していなかった…

ただスワローズというチームは95年以降5度リーグ優勝をしているが、その前年の成績は全てBクラス。傾向的に考えれば、優勝してもおかしくないのだが、まさかねぇ…

私の本業である競馬に置きかえると、スワローズはセリーグ単勝最低人気での1着。そこにパリーグ単勝最低人気のオリックス(こちらも2年連続最下位)が1着に来ちゃうんだから、とんでもない大波乱決着である。もし両リーグ優勝を当てる馬連があったとするならば、最低人気の組み合わせの大万馬券になっているだろう

ただこれだけは言わせてください

野球賭博、ダメ。ゼッタイ。





今年8月にスワローズ主催の東京ドームの試合を観に行った時、混雑で入場するのにすごい時間がかかったので、試合開始(18時)の2~3時間前に行って、早めに入場してしまおうかと思ったが、この日は本業の競馬では浦和記念(15時25分発走)があったので手を抜くわけにはいかず。自宅でグリーンチャンネルの生中継を観て、しっかり浦和記念が外れたことを確認してから出発し、17時頃に球場に到着

最初に載せた写真の通り、大混雑で各入場ゲートは長蛇の列。売店でスワローズグッズを見て回ることを取り止め、すぐに入場の列に並ぶ

今回の日本シリーズのチケットは、ソーシャルディスタンスを保った席と両隣りも座らせたワクチンパッケージチケット(ワクチン2回接種した事を証明して入場)とあり、私は前者のチケットを購入したのだが、ワクチンチケットを購入された方はさらに大変そうで、入場の前に専用の場所でワクチン接種の確認手続きをしなければいけなく、そこでも長蛇の列ができており、倍時間がかかっていた

コロナ渦でのプロ野球観戦・競馬場観戦。人が少ない分、場内は過ごしやすくて良い面もあるのだが、チケットが取りにくい。何とか2023年にはどうにかなりませんかね…





席は3,400円の1塁側指定席C。上の階の安い席なので期待はしていなかったが、グラウンド全体が障害物無くスッキリ見えて、両隣りの席も空いているので、観やすい・過ごしやすいの極楽席であった

何より神宮球場と比べて東京ドームは空調が効いていてスーパー暖かい…

先々週の神宮でのCSファイナルステージ第3戦を観に行った時は、寒すぎて席に座って20分後にはしょんべんがしたくなったのだが、今回は尿意が来るスピードが遅いのなんの

私の膀胱が喜んでいるのがわかる

ただじじいなので1時間半後にはガッツリ尿意が来ました…





私は大一番・大勝負の時にしか応援傘は持っていかないのだが、ついにその時が来た!!

2001年にリーグ優勝した時に購入した黄金傘の封印を解く。この傘を前回球場に持ち込んだのは2015年の日本シリーズで6年ぶりの傘おっぴらげとなる。ただその時は傘のパワーも何もなくホークスに歯が立たずに負けた…

縁起は良くない…

縁起良くないといえば、京セラドームでの第1戦のマクガフ大炎上のサヨナラ負けがまさにそんな感じの負け方であった…。オリックス先発の山本由伸からリードできたことで、「あの山本から勝てるんじゃねえか…」と期待のハードルが上がり切っていたところの負けだったのでハイパーショックであった

さぁ第3戦。第2戦の高橋奎二の完封劇でどこまで流れが変わったか…





京セラの1~2戦同様に両チームとも打線が湿りがちで試合が重い…

こういう試合はミスを先にした方が負けるなどと言われるが、オリックス安達のまずい守備があっても、スワローズは中村のバント失敗で付け込めず…

流れが良くないな…と思っていたところの3回表、ヤクルト西浦のエラーからオリックスが先制。やはりミスした方がこうなるか…

オリックス先発田嶋も出来が良さそうなので嫌な予感が…

ただ山田哲人だけは田嶋に合っている印象で、これまで2打席凡退も第一打席は良い当たりのセンターフライ、第二打席は鋭いサードライナーと内容は非常に良い

そして5回裏、1アウト1塁で山田に打順が回ってくる

(ここだ…)

野球通気どりの私はこの場面は大チャンスになると確信する

しかし!!オリックス中島監督はここで好投の田嶋をスッパリ交代させ、山田が一番嫌いそうな右の横手投げの比嘉を投入

山田、ショートゴロ

中嶋監督はわかってんだよ…

しかし!しかし!!





中嶋監督は比嘉をワンポイントで交代させて、豊富な毛量でお馴染みのバルガスに交代させたことで流れが変わる

村上・サンタナと連続四球。満塁で先程バント失敗の中村





ムーチョはミスをしたままでは終わらないんだよ…

逆らわずセンター返しで3-1逆転

今年のムーチョは本当に勝負強いだ…

こりゃ完全にスワローズが勝つやつだよ…。第2戦の高橋奎二の完封で流れがスワローズに変わってたんだよ





人生、甘くないよね…

ラオウ杉本の同点2ラン、吉田タイムリーなどでオリックス逆転

特に吉田正尚など毎試合・毎打席打たれる気しかしねえだ…

青学コンビ、こわいこわいこわい…

こりゃオリックス勝つパターンだわ…

もう帰りの電車の時間調べますよ…





競馬も当たらなければ、野球の流れも当たらない…

まさかサンタナが逆転2ランを打つとは…

スワローズ逆転の流れを引き寄せたのは、この前の回に満塁のピンチを抑えた石山だろう。スワローズ逆転後も回またぎで続投し、あっさり三者凡退で抑える。素晴らしすぎるじゃねえか…

今年の石山はコントロールで崩れるパターンが多く、哀しい顔をしている印象しか無かったのだが、シーズン終盤辺りから少しずつ良くなってきていて

そして今日、前年までの石山泰稚が蘇ってきた





最後任されたのがあのマクガフさん

第1戦のことがあったので怖くて仕方がなかったが、スワローズファンは優しい。登場曲のYMO『ライディーン』が場内に流れるといつも以上の大拍手

私も「頑張れ!」という気持ちよりも「何でもいいんでおねげえしますだ…」という気持ちで拍手を贈る

先頭バッター若月にヒットを打たれた時は、思わずグラウンドから目を背けたが、私は知っているのだ

マクガフの法則を…





マクガフは打たれた次の登板は大体抑えるのだ

彼は同じミスは連続でしないのだよ…。定期的には打たれるが…

これで2勝1敗で勝ち先行。サンタナの勝負強さが際立つし、リリーフの戦力として石山が一枚加わることが非常に大きい。マクガフもこれで切り替えられるだろうし、何とか東京ドームで日本一を決めていただければ…



2021年スワローズ戦観戦成績10戦4勝3敗3分け


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。