北海道&東日本パス一人旅2017 1日目② ある意味強烈なインパクトだった白石城

※書いているのは2022年ですが、2017年の話です。これまでの話はこちら



2017年8月24日(木)





福島 12:40発 東北本線快速シティラビット
白石 13:11着



福島駅でご当地グルメ・福島餃子を食べ、次は白石駅で下車

餃子パワーで私の胃腸が刺激を受けたのか、電車乗車中から『大』がしたくて、駅に到着すると真っ先にトイレに駆け込み脱糞

今日も糞を漏らさずに済んだことを神様に感謝しながら歩き出す





スナックの名前みたいな道を歩いて白石城へ

これまでの一人旅で日本全国数十の城を巡ってきたが、決して城好きというわけではない。とりあえず城行っとけば無難でしょ…的なスーパー軽い気持ちの積み重ねが数十というまぁまぁな数となったわけである

何となく武家屋敷との共通券600円(2017年当時の料金)を購入して入場





城内の展示物を見ながら天守閣まで上がっていく。城の係りの方なのだろうか、ご近所の方なのだろうか、男性の方が私みたいな小汚い男にもご丁寧に城の歴史を説明してくれたのだが、私の勉強不足が原因なのだが、結構方言のきつい方で70%ぐらいしか理解ができなかった…

ただパッションは伝わりました…。ありがとうございました…





城に隣接する歴史探訪ミュージアムに移動

白石城の歴史に関するムービーの上映があると受付の方に案内していただいたので観て行くことにする

受付で3Dメガネを渡される

(これから何を見せられるんだ…)

3階のシアターに上がり、周りに誰もいない端っこの席に座る。といっても平日の昼間とあって客は私含めて数人しかいない

部屋が暗くなり上映開始。私も3Dメガネを装着

(時代劇ドラマなんだな…。別に3Dにしなくても…)

舞台は江戸時代初期、大坂夏の陣の頃の伊達家家臣片倉父子の話

薄暗いシアター+3Dメガネ+私は裸眼の乱視=まぁまぁ見えない…

何とか目を細めながらピントを合わせ、スクリーンを必死に見る

(はっ!?ウソだろ…)



「KEN WATANABEじゃねえか!!!」



3Dなどもうどうでもいい。このムービーの主人公片倉息子を演じるのがまさかの渡辺謙さんで、想像外の豪華キャストに3Dなどぶっ飛んでしまった…

また渡辺謙さんが若い若い…。撮影は恐らく渡辺謙さんが大河ドラマ『独眼竜政宗』で伊達政宗役をやっていた頃と思われるので30年ぐらい前のものか

ちなみに私が初めて観た大河ドラマは、渡辺謙さん主演の『炎立つ』(1993~1994)だったので個人的にも思い入れがある役者さんである

(ナレーションも渡辺謙だよ…。すげえな…)

(はっ!!!???)



「ほっぺの異物を摘出する前の宍戸錠じぇねえか!!!!」



片倉父を演じるのが宍戸錠さん

(お金かけてるなぁ…)

3Dの驚きなどどこにも無く、キャストの豪華さに驚き、最後まで食いつくように見入ってしまった…

これは良いものを見させてもらった…





ムービーに興奮した後は、白石城から少し歩いたとこにある武家屋敷でクールダウン

(渡辺謙だもんなぁ…)

武家屋敷から白石駅に戻る道中も頭の中はまだ渡辺謙一色





帰り道を歩いていると蔵王酒造展示館というものがあるではないか…

私は酒蔵巡りが大好きで、これまでの一人旅でもさまざまな酒造メーカーの酒蔵・工場などを訪れている

何が良いかって、私みたいな低所得おじさんでは手が出せないような高級酒を試飲できるってのが最高なんだよ…

入場無料みたいなので中に入ってみるが、誰もいない…

「すみませ~ん」と言ってしまうと酒を買わないといけないような気がしたので、無言の『来ましたよアピール』をしてみたものの誰も出てくる気配がない…

段々と入っちゃいけない場所のような気がしてきて、怖くなりそのまま逃げるように出て行った…



白石駅に戻る。当初の予定ではここで白石名物・白石うーめん(そうめん的なもの)を食べる事となっていたが、先程食べた福島餃子がまだ消化しきっておらず、苦渋の決断で食べるのを回避

またいつか旅で来た時に食べさせていただきます

つづく


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です