2021.11.14 コロナ状況を窺いながら福島競馬場日帰り旅打ち 後編

※これまでの話はこちら【前編】【中編





同期の元芸人O(上の顔がうんこ色で隠されている写真のおじさん)が福島9Rで万馬券(馬連379.8倍×300円)を当てて非常に胸糞悪い…

気持ち悪い金色の腕時計(2,000円ぐらいのパチモン)をしたふざけた野郎が万馬券を当てるなど天変地異である。こういった奴は常に2万円負け続けるのがセオリーだろうよ…。それにコイツはギャンブルで2万円負けそうな顔をしてるんだよ…

怒り・憎悪・嫉妬、Oに対して色々な感情が湧き上がって心を乱されたが、トイレに行った時に自分の姿を鏡で見た時にハッとする


「オレも典型的な2万円負けの顔をしてるじゃねえか…」


人の事を言える立場では無かった…。ただOのように『2万円負け顔』をしていても万馬券を当てることができる。それが競馬なのだ…

私は私の競馬を貫くのみ…





福島11R 福島記念(GⅢ)

本命は6番人気ヒュミドール。昨年秋のノベンバーSの直線の脚が強烈で、ハンデ重賞ぐらいなら勝ち負けになると評価

ノベンバーS以降は勝てていないのだが、ステイヤーズSでは展開不向きの中で5着と頑張り、エプソムCは直線馬場の悪い内を走り、尚且つスムーズさを欠きながらも6着健闘。OPクラスに上がっても毎度それなりの内容で走れている

前走京都大賞典は10着大敗も4角~直線にかけて狭いところに入ってしまい、さらに輸送で馬体も大幅に減ってしまっていたので参考外でいい

今回は減った馬体も回復して前走よりは調子が良さそう。斤量55キロも良し。小回りコースはベスト条件だとは思わないが、小倉記念で2着に好走しているので何とかなるか…

ただ前に行ける馬では無いので、多少の展開のアシストが必要になるかもしれないが、馬の地力を信じて買ってみる

ヒュミドール軸三連複流しで勝負(計5,000円購入)





レース発走直前に外に出て生観戦。私は視力0.7前後の乱視なのでメガネを装着。乱視が解消され、近くにいるOの『2万円負け顔』が剃刀負けしている肌までクッキリと見えて気持ちが悪い

4角奥のポケット地点からのスタート。我々のいる正面スタンドに向かってくる馬たちを夢中でカメラ撮影をしていたらヒュミドールの姿を早々に見失う…

「どこだ!?オレのヒュミドールはどこなんだ!?」

慌ててカメラを置いて肉眼で確認すると中団辺りの位置で1角を回っていくヒュミドールの姿を確認

後ろ過ぎずまずまずの位置である





前半1000m57.2秒のとんでもないハイペースで8番パンサラッサが逃げている。馬群が縦長になりすぎているのが少し気になるが、ヒュミドールにとっては速い流れの方が差し展開になって好都合

「パンサラッサもさすがにこのペースならバテるだろう…」

3角の勝負どころで第2グループ先団にいるヒュミドールが動いていく

「豊(吉田)!!!」





パンサラッサがそのまま逃げ切っちまっただ…

ただ!パンサラッサを早めに追いかけていった馬たちがバテて、その後ろにいたヒュミドールに展開が向いて2着入線


三連複75.0倍×100円的中


しかし、ハンデ重賞と考えると安い配当で期待外れ…

もう少し紐荒れしてくれてもさぁ…

それにしてもパンサラッサの非常識的ペース逃げ切り、恐るべし…。この次の有馬記念は常識的ペース逃げをして普通に負けたが、翌年中山記念で再び非常識的ペース逃げ切り。やっぱりこの馬はすっ飛ばして逃げたら強い…

そしてこのブログを書いている数日前に行われたドバイターフを常識的ペースだったにも関わらず逃げ切って海外GⅠ制覇。後続について来られる形の逃げで厳しいかと思ったが、最後まで踏ん張り切った。奥が深い馬である…

もしドバイではなく大阪杯(このブログを書いている週に行われる)に出ていたら、ジャックドールとの逃げ争いはどうなっていたのであろうか…。宝塚記念辺りで対決を見てみたい

ドバイと言えば、この福島記念4着だったステイフーリッシュがサウジアラビアに引き続きドバイゴールドカップを勝利し、海外重賞連勝

そう考えると良いメンバーのレースを生観戦させていただきました

さて隣のOはというと馬券は外れた様子。私のとっては大吉報です

元気をいただきました



阪神11R エリザベス女王杯(GⅠ)

福島記念を観終わるとすぐスタンド内に入り、モニターで阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯中継を見つめる

本命は5番人気ウインキートス。中山芝2200m・2500mの非根幹距離のタフな舞台を得意にしており、阪神で行われる内回り2200mのエリザベス女王杯は歓迎。展開には恵まれたが目黒記念で牡馬を破って重賞制覇。前走オールカマーでウインマリリンやグローリーヴェイズと互角の走りをしており、牝馬同士の今回なら通用してもいい

あとは丹内くんがGⅠでも平常心で乗れれば…


ウインキートス軸三連複流しで勝負(計8,500円購入)


「丹内!!」

「丹内!!ちょっと位置下げすぎじゃないのか?そこで大丈夫なのか丹内??この馬差せる脚無いぞ…。丹内!!」



ウインキートス 10着 はずれ

本日トータル収支 -4,650円

ただ前日の土曜競馬で武蔵野S的中などでプラス収支だったので、それと合わせたら微増で、怪我をせずにこの週の中央競馬を終えることができたのだが、今日11万円勝っているOの姿を目の当たりにすると大負けした気分である…

福島記念もエリザベス女王杯も外れたOだが表情は明るい

帰りの車の中でも機嫌が良さそうであった…

こうなったら無理やりにでもコイツに晩飯をおごらすしかない…





福島競馬場から高速に乗って栃木県小山市に移動。近くにあったバーミヤンに入る

「好きなもん注文しろよ」

Oが上級国民のようなセリフを言い放つ

(クソが…)

メニューの片っ端から注文しまくってやろうかと思ったのだが、最初に注文した数品でお腹いっぱいになり、逆に食べ過ぎで気持ち悪くなる…

もうじじいなんだよ…



食事後は行きの東武栃木駅ではなく、JR間々田駅に連れてったもらい、宇都宮線に乗って東京に帰る

バカ勝ちしていたらグリーン車に乗ってやろうかと思っていたが、そんな身分にはなれなかったので大人しく普通車に乗って帰る


間々田 20:33発 宇都宮線
赤羽  21:33着

赤羽  21:38発 埼京線
新宿  21:52着


行きは地下鉄&東武で2時間半かかったのに、帰りはJRで1時間半で到着

JRの速さに震えただ…



朝6時前に出発し、22時半過ぎに帰宅

コロナもあり、久々の遠方への外出で充実した一日であったが

旅打ちは勝たなきゃ何も楽しくないんだよ…

2022年夏の福島開催こそ…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

2022高松宮記念

次の記事

2022大阪杯