2022皐月賞



まずは先週のGⅠ桜花賞の振り返りから…

本命サークルオブライフは直線後方外から脚を使うも4着。8枠が厳しすぎた…。外枠だと位置も取れないし、勝負どころも外を回らされてしまった…

阪神芝のトラックバイアスも土曜の時点で内前優勢の感じだったので、外枠の馬を軸に選ぶべきではなかった…。私にセンスが無かっただ…

1番人気ナミュールも同様に外枠に泣いた形となったが、サークルオブライフより早めに動いた分、直線苦しくなったか…。馬自体も小柄な牝馬の短期間競馬馬体減、条件も厳しかったかもしれない

勝ったスターズオンアースは、実は私のPOG指名馬。馬券は外れたが嬉しさもあり…

でもやっぱり競馬は馬券が当たらないと楽しくないんだよ!!

当てたい…



【低所得おじさんの過去5年の皐月賞馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 三連複14.8倍的中
2020 はずれ
2021 はずれ

2020年はコントレイルに喧嘩を挑み撃沈。2021年はエフフォーリアに喧嘩を挑み撃沈…

素直な人間こそが報われるのかもしれません…

それでは低所得おじさんの皐月賞予想へ





将来性がありそうなのはダノンベルーガ・イクイノックス

ダノンベルーガは右回りも問題無いということで今回参戦してきたが、中山内回りは不向きの印象。それに内が悪い馬場の最内枠でどういう競馬をするか…。そこまで器用な馬には見えないので差し届かないシーンも…。ただ川田さんも乗れてるからねぇ…

イクイノックスに関しては昨年の東スポ杯以来のローテなので正直わからない…。これで走られたらごめんなさいという感じ。ただこの馬は皐月賞は叩き台でダービーが本番でしょう

まぁ両馬とも地力だけで十分上位に来れそうな感じなのだが、軸として無難なのはドウデュースか…

前走弥生賞は2着に敗れたが前哨戦仕上げの余裕残しで悲観的な内容では無い。勝負どころでゴチャつく不利もあり、少なくとも勝ったアスクビクターモアは逆転できるか

今回は馬体も絞れて上積み十分。何より内が荒れてきた馬場で外寄りの枠が最高に良し

正直能力的にはそこまで買ってはいないのだが、中団より前目につけて直線馬場の良い外目を走れれば下手な競馬にはならないか

武豊さんもGⅠで惜しい競馬が続いてるし、前走弥生賞も不利受けて悔しそうだったのでやる気満々でしょう



◎ドウデュース
○ジオグリフ
▲ダノンベルーガ
△イクイノックス
△キラーアビリティ
△アスクビクターモア
△サトノヘリオス
△デシエルト
以下、ジャスティンロック、ジャスティンパレス、マテンロウレオ、ラーグルフ、ダンテスヴューまで押さえる





ドウデュース軸三連複流しで勝負



当ててケツが濡れない高級クッションを買おうかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。