2022オークス



まずは先週のGⅠヴィクトリアマイルの振り返りから…

本命ファインルージュは後ろ過ぎない中団の絶好位、この位置なら…と思ったが、直線で躓いて勢いが削がれてしまう。それでも立て直して最後まで伸びての2着は立派な走りであった

展開は先団勢でソダシ・レシステンシアといった地力のある先行馬が残り、私の馬券はトリガミ的中。3着レシステンシアは前走から馬体も絞れ、ローザノワールがレースを引っ張ってくれたのも良かった。勝ったソダシは気分が良かったんでしょうね

しょっぱい的中になってしまったが、中身のある予想はできたと思ってるので低所得おじさんは納得してます。今週も引き続き…



【低所得おじさんの過去5年のオークス馬券成績】
2017 はずれ
2018 三連単33.6倍
2019 はずれ
2020 はずれ
2021 はずれ

近5年に限らず、過去を振り返っても良い思い出が無いレース。昨年も勝ったユーバーレーベン本命だったが3着16番人気ハギノピリナを買っておらず…。ただハギノピリナは馬券の端っこに入れてもいいなとレース数日前までは思っていたのだが、点数削減&当日の人気の無さにビビって買い目からカットしちまったんだよ…。素直に買ってたら人生が変わってたんだよ…


それでは2022年低所得おじさんのオークスの予想へ





桜花賞は内前有利の条件となり、1~2番人気(ナミュール・サークルオブライフ)が外枠で後方の位置に泣き、着外となり小波乱決着となった

桜花賞を勝ったスターズオンアースは重賞でも勝ち同等の走りをしてきており、決して紛れの勝利だとは思っていないが、今回は2400mで大外枠と厳しい条件。昨年赤松賞の時に外枠で外を走らされ、前に壁を作れず、直線で脚を使えなかったことがあった。ただ今回はルメールさんが乗るし、それなりに縦長になると思うので内側に潜り込めるかもしれないが…

2着ウォーターナビレラは馬体を絞って究極仕上げであった。レースもスムーズに先行できて力を発揮できたと言っていい。ただ今回は明らかに距離が長そうで最内枠とはいえ、先行して府中の長い直線を最後まで押し切れるかどうか…

桜花賞組以外では忘れな草賞を快勝したアートハウスが人気を集めているが、その忘れな草賞はアートハウスが勝って当然の低レベルメンバーで、勝ち方のハデさほど評価できる内容だったとは思っていない。ただ川田さんがスターズオンアースではなく、こちらを騎乗馬に選択したので不気味っちゃ不気味だが…

フローラSを勝ったエリカヴィータは休み明けで立派な走りだったが、前有利展開も向いた印象。このレースから評価するのであれば、5着ルージュエヴァイユの方か。直線中団後ろで狭くなりながらも最後まで脚を使っており、展開を考えてもこの馬が一番強い競馬をしていた。ただスタートが毎度悪いので内枠でかなり番手を悪くすると今回も差し届かない可能性も…

色々考えたが桜花賞で力を出し切れなかった地力馬の逆襲ありと見て、サークルオブライフを本命にする

桜花賞は外枠で位置が取れず後ろになり、直線だけの競馬で展開不向きの中で4着まで良い脚で押し上げた。枠がもう少し内寄りだったら勝てていたと思っており、やはり世代最上位クラスと言っていいだろう

スタートがあまり良くないので8~12番の中枠辺りがベストだと思っていたが、6番だったら悪くはないでしょう。逆に今の東京芝は内を空けて走っているレースが多く見られ、10番より外になるとかなり外側を回らされるリスクもあるので、6番ぐらいがちょうど良いのかもしれない

2400mは問題無いと思うが、パンパンの良馬場がいいので昨晩降っていた雨は乾いてほしいところ…

デムーロさんも大舞台での勝負強さは戻って来てるので、昨年のユーバーレーベンのように外差しを狙う乗り方をしてくれれば、やってくれるでしょう



◎サークルオブライフ
○ナミュール
▲ルージュエヴァイユ
△スターズオンアース
△ベルクレスタ
△ライラック
△エリカヴィータ
△プレサージュリフト
△ウォーターナビレラ
以下、アートハウス、スタニングローズ、ニシノラブウインクまで押さえる





サークルオブライフ軸三連複流し&ワイドで勝負



当てて口臭がやべえ奴になるぐらい餃子を食べようかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です