2022日本ダービー



まずは先週のGⅠオークスの振り返りから…

私は東京競馬場で生観戦していたのですが、本命サークルオブライフがスタート出遅れで即終了。開始2秒で外れを確信…。ワクワクも何もしなかったよ…

サークルオブライフも含めて大半の馬がスタートが遅れており、やはりサウンドビバーチェ放馬で待たされた影響、そして初めての大観衆の目の前でのスタートの影響があったか…。まぁ運がなかったとしか言いようがねえだ…

一応勝ったスターズオンアースはPOG指名馬で二冠馬になったことは喜ばしかったのだが、銭が減ったら何も嬉しくないんだよ…

ダービーはせめて直線までは楽しませてくれよ…



【低所得おじさんの過去5年の日本ダービー馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 はずれ
2020 三連複24.8倍&ワイド18.3倍的中
2021 三連複88.0倍的中

以前は2年連続万馬券的中など相性抜群のレースだったのだが、2017年に馬券を買い間違えて外れたのをきっかけに流れが激変。近5年は何とも言えない結果に…

チャンピオンコースで地力決着となりやすいレースなので無難な軸を選べば大丈夫だと思うのだが…


それでは2022年低所得おじさんの日本ダービーの予想へ





皐月賞はジオグリフが勝利したが、勝ち馬より内容の濃い走りをしていたのは、長期休み明けで好走した2着イクイノックス、展開不向きも後方外から良い脚で伸びてきた3着ドウデュース、終始馬場の悪い内を走らされても上位争いした4着ダノンベルーガだろう

やはり軸にするならこの三頭の中からになる

イクイノックスは今回東京にコース替わりをするのはプラス。前走一度使って本番の今回は上積みがある…と言いたいとこだが、体質が弱い馬で中5週の初めての短期間競馬で大幅な上積みを期待できるのか…

キタサンブラック産駒も未知数なところがあり、東スポ杯は速い時計で勝っているが、本当に高速馬場の2400mが本当に良いかどうか…。キタサンブラック自身も東京でGⅠ勝ちをしているが、展開が楽だったJCの逃げ切りと泥んこ馬場の天皇賞(秋)だったので…

それに18番枠はマイナスだろう。鞍上のルメールさんは先週のオークスで18番枠から見事に勝利したが、ダービーはオークスとペースが違ってくるので、18番枠はやはり不利になる。アドミラブルでさえ、18番枠に泣いて3着が精一杯だった

ドウデュースも外目の枠に入ってしまった。2400mは少し長いような気もしており、真ん中より内の枠が欲しかったところ。皐月賞ではラスト一番の脚を見せ、広い東京に替れば末脚炸裂しそうな予感もしているのたが、皐月賞は内が全く伸びないトラックバイアスで馬場の良い外を走れたのが大きかった3着とも言える。ただ後ろ過ぎない中団に付けれれば、十分勝ち負けになってきそうだ

ダノンベルーガも外目の枠。ただ他の有力馬も軒並み外枠に入り、それらと比べれば内寄りでマシな方。未完成ながら共同通信杯を地力だけでジオグリフなどを破り快勝。皐月賞は最内枠が仇となり、馬場の良い外側に出せず。それでも勝負どころで仕方なく内を回り、最後まで外勢と僅差の争いをしたのは地力がある証拠だろう

ただイクイノックス同様に飛び飛びでレースを使っているので未知数な部分はある。使う予定じゃなかった皐月賞に出たことが今回どう影響するか…



三頭とも拮抗しており、難しい判断だったが…

ダノンベルーガを本命にする

1週前の調教の動きが秀逸で、本番ダービーに向けて究極仕上げをしてきた印象。東京コースがベストでもっとも力を発揮できる舞台。川田さんも二度目の騎乗で今回はよりコンタクトが取れるでしょう

あとは初めての大観衆の前での競馬、そして30度を超す気温の中でパフォーマンスを発揮できるかどうか…

馬の地力を信じるしかねえだ…



◎ダノンベルーガ
○ドウデュース
▲イクイノックス
△ジャスティンロック
△ジオグリフ
△プラダリア
△ロードレゼル
以下、ピースオブエイト、キラーアビリティ、アスクビクターモア、マテンロウオリオン、オニャンコポン、ジャスティンパレスまで押さえる





ダノンベルーガ軸三連複流し&ワイド流しで勝負



当てて甘いジュースをたくさん買って腹がぶっ壊れるぐらい飲もうかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。