北海道&東日本パス一人旅2017 3日目③ もう一度小樽運河を確認してからの札幌

※書いているのは2022年ですが、2017年の話です。これまでの話はこちら



2017年8月26日(土)


熱々の小樽名物『若鶏半身揚げ』を齧りついて、普段残飯のような食べ物しか入ってこない私の胃袋は立派な食べ物に泣いて喜び、ハッピーエンドで小樽観光を終えようとしていたのだが、モヤモヤしていることが一点


果たして小樽運河観光をちゃんとできたのだろうか…


小樽運河周辺を30分程度ただ歩いただけで特に何もしていない

他にも何か見どころがあるような気がしてならないのだ…

もう日が暮れかかっているが、このまま電車に乗ってしまうと後悔しそうな予感がするので、もう一度小樽運河を見て回ることにする





日中に歩いたとこをなぞって歩いただけで特に何も起こらず…

やっぱり舟は乗っておくべきだったのだろうか…。でも私みたいな汚いじじいが一人で恥ずかしいじゃんか…

これで小樽運河観光が完成したと自分に言い聞かせて小樽を後にする



小樽 19:00発 JR快速エアポート194号
札幌 19:32着





人生初の札幌

札幌に来て最初にしたことは、電車の中で購入したボートレース若松で行われているSGボートレースメモリアル10R準優勝戦の結果を確認


はずれ


この後に購入した11Rも外し、私の脳みそから『ボートレース』というメモリーを抹消させました…





札幌駅から南へ徒歩15分前後。さっぽろテレビ塔へ

長旅で疲れていたので地下鉄に乗る手もあったのですが、低所得者ですし、ボートレースも外してますし、自分への戒めのつもりで歩きました

全て貧乏が悪いのだ…

570円払って展望台を目指す





展望台は想像していたより狭かったが、キレイな夜景は楽しむことができた

途中で展望台内でレーザーショーが始まる。レーザー光線でさらにキレイな景色を演出するというものだ

レーザーがキレイだなぁという感想より、今や名投手コーチとなった吉井理人がヤクルト時代に大阪ドームで登板中にレーザーを顔に照射されてキレてたなぁ…という記憶を呼び覚ます



さっぽろテレビ塔から『すすきの』へ移動してみる。『すすきの』というワードはよく耳にするが、詳細はよく知らず。要するに歌舞伎町的な歓楽街であった

ただ客引きの多さに気持ちが萎え、コンビニで翌日の競馬新聞を購入してすぐに退散

大通り公園のベンチに座って休憩。ただ蚊に刺されまくって長居する事を諦め、ここでも退散

とっとと帰れという事なのでしょうか…



本日の宿は札幌駅近くのネットカフェ。手頃な価格のビジネスホテルが見つからなかったのでこちらへ

こういう場所は大体シャワー室の順番はかなり待たされるのだが、スムーズに浴びることができ、ご機嫌に過ごす

このままナイスな気分で眠ろうかと思ったが、冷房が効きすぎて寒い寒い…

8月ではあるが一応北海道に行くという事でヒートテックを1枚持ってきていたのでそれを着用

ヒートテック持参、私の読みが大的中した

これは明日の競馬につながるんじゃねえか…

26時過ぎ就寝



つづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。