2022スプリンターズS



まずは前回のGⅠ宝塚記念の振り返りから…

本命ディーブボンドは先行粘り込みの自分の形の競馬をしたが、勝負どころの加速が相変わらずイマイチでタイトルホルダーとの差を縮められず…。それでも3着に粘った

かと思ったら!最後の最後にデアリングタクトにハナ差交わされ4着

ウソだろ…。テレビアングル的にディーブボンド残ってたじゃんか…

地獄のような外れ方だったが、オーソリティの除外による返還が今となっては助かりました…

秋GⅠこそ夢見させてくれよ…



【低所得おじさんの過去5年のスプリンターズS馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 3連複10.7倍的中
2020 3連複104.3倍的中
2021 はずれ

過去に軸馬が内でどん詰まりしたり、後方で仕掛けが遅れたりとあまり良い思い出が無いレース。中山芝1200mのフルゲートはゴチャつくので紛れが発生する可能性もあって難しいのだが、美味しい配当になる可能性もある

今年はスケベ心を出すべきかどうか…

それでは低所得おじさんの2022年スプリンターズS予想へ





強さならメイケイエールが頭一つ抜けている。セントウルSも完勝で現状手薄の短距離戦線なら敵無しと言っていい。あとは騎手の指示に従って走れるかどうかだけ…

気性難は相変わらずだが、池添さんが乗るようになってからは、道中で力みまくる同馬を何とか我慢をさせて、直線にエネルギーを爆発させれるようになってきた

メイケイエールは4角~直線入口で早々に先頭に立ってしまうと気性的に直線脚が使えない印象で、周りの馬が速い1200m戦は、道中ちょうどいい番手になるので好都合。成績に表れている

こうなりゃ素直にメイケイエールを信じる…

ことも考えたのだが、今回は久々の右回りで中2週。右回りは昨年のスプリンターズSで4着と好走、昨年だけ走れれば今回十分通用するので問題無さそうだが、短期間競馬の方は少し気になる…。こういった馬は短期間競馬になるとよりエキサイトしてしまう可能性がある

あと気になるのは、今回メンバー的に余り積極的に前を主張しそうな馬が少ないということ。テイエムスパーダが逃げてファストフォースが続くぐらいで、何が何でも逃げ・先行したいという馬が少ない

こうなるとメイケイエールは早めに先頭集団に立ってしまう可能性があり、直線不発に終わることも想像できる。外目の枠なので前に壁を作れないのも怖い

強さを認めつつもリスキーということでメイケイエールの印を下げる


よって本命はナムラクレア


函館スプリントSは斤量50キロと恵まれたがスプリント能力を感じさせる完勝だった。次走北九州記念は直線詰まりながらも最後猛追の3着。スムーズなら勝っていた

今回斤量53キロも有利、状態面も1週前の栗東坂路の時計も秀逸。サマーシリーズを使ってきた馬は今回本番にお釣りが残っているかが心配だが、問題無さそう

あとは関東圏の輸送をクリアできれば今回勝ち負けになる。浜中さんも昨日中山で乗れていたので馬場読みもできているでしょう



◎ナムラクレア
○メイケイエール
▲ジャンダルム
△タイセイビジョン
△ナランフレグ
△ウインマーベル
△ヴェントヴォーチェ
以下、シュネルマイスター、トゥラヴェスーラ、ダイアトニック、テイエムスパーダ、エイティーンガールまで押さえる





ナムラクレア軸3連複流しで勝負



当てて腹が冷えて下痢しないような立派なアウターを買おうかと思います


※次回秋華賞は更新できないかもしれないのでTwitterの方に乗せときます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です