2022.6.3 東京ヤクルト×埼玉西武 神宮球場



今年二度目のCREW招待券ポイント(スワローズCREWプラチナ会員特典)を使用しての観戦はライオンズ戦。東京生まれ西武新宿線沿線育ちの私としては親戚同士の対決みたいで毎年楽しみにしているカードでもある

前回CREW招待券ポイントを使用して観戦した時(5月10日)は、一塁側S指定席でグラウンドから近くてナイスな席だったのだが、逆に近すぎてネットが邪魔で見にくかったので、今回は席のグレードを落として一塁側S2指定席での観戦(席種は先着順で選択可能)

今回は上段の席でネットも邪魔にならず最高の眺めの席だったのだが…

左隣りに座っていた30代ぐらいの男性が長身でがたいがよく、私の席の領土を明らかに侵入して排他的経済水域を脅かしてくる…

身体の大きさは人それぞれなので、はみ出す事に関しては何とも思ってなかったのだが、その男は申し訳なさげも無く、すごい堂々と『俺様だから当然だろ』的な感じではみ出して、尚且つ酒を飲んではしゃいでいたので私の不快指数が爆上がり

(ハァ…、スーパー外れ席だ…)

一方右隣りのおじさんは、手の感覚がぶっ壊れてるのか、持っていたメガホンをちょくちょく私の腕にぶつけてくる…

その席環境で試合中は雨も降ってくる…

(ハァ…、ハイパー外れ席だ…)





私がスワローズ戦を内野席観戦すると…

7戦4敗3分(2019年以降)

一度も勝ってない…

てめえみたいな低所得者は背伸びせず安い席で見てろ!!ということなのだろうか…

今日も嫌な予感しかしない…





そんな嫌な予感を吹き飛ばしてくれたのは先発ライアン小川大先生

8回無失点の好投、そして自らホームランも打ち、投打の大活躍

開幕して数試合はパッとしない内容が続いていたが、甲子園で完封した辺りから調子を取り戻してきた

大先生は真面目だから修正能力がありますよ…





ヤ1ー0西

ライアン大先生一人で私の内野席ジンクスを打ち崩してくれました

ライアン大先生のでっかい尻と太腿の中に詰まっている夢と希望のおかげでございます…


ただ!この試合、ライアン大先生以外は盛り上がりどころが無く、試合としては退屈な内容だった…

スワローズ打線は相変わらず湿り気味で、ヒットは出るがあと一本がでない。控え野手を見渡しても、守備要員の選手が多すぎて代打も余り期待ができない状況…

高津監督は野手の1・2軍入れ替えは消極的な傾向(イメージ)があるので、今後もこのままのメンバーでやっていくのであろうが、戸田で調子の良い中堅&ベテランもいるんだけどねぇ…

しょうもない素人が通ぶって勝手なこと言ってますが、スワローズの勝利を喜んでおります





盛り上がりどころの無い試合だったが、この日一番興奮した場面は、私と同世代である中村&栗山が代打で登場したシーン

栗山、カッコいいなぁ…

西武ドーム行った時、思わず下敷き買っちゃったもんぁ…。使い道が無いのに…

おかわりくん、500本塁打まで行ってほしいなぁ…

500本塁打でも名球会入りで良いと思っているのは私だけでしょうか

両選手とも56歳ぐらいまで頑張ってください



2022年スワローズ戦観戦成績6戦3勝3敗



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です