2022マイルチャンピオンシップ



まずは先週のエリザベス女王杯の振り返りから…

本命のデアリングタクト、スタートは決めたものの内枠もあって勝負どころで馬場の良い外に出せず…、結局直線でも馬場の悪い内に切り替えるしか無く、伸び切れずゴールイン

もう少し外目の枠だったら3着ぐらいはあってもと思ったが、走りを見る限りは3歳時の力はもう無い気がした…

やはり長期休養の大怪我してた馬をGⅠで軸にするのはリスキーだったか…。反省…



【低所得おじさんの過去5年のマイルCS馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 3連複32.0倍的中
2020 3連複16.1倍的中
2021 3連複19.6倍的中

近年は上位人気決着なので褒められた的中でもないのだが、今年も上位人気馬が強そうなので同様な配当になりそうな…。あとは天候&馬場次第でどこまで伏兵が割り込んでくるか…

それでは低所得おじさんの2022年エリザベス女王杯予想へ





今週も雨が降り、芝コースは一時稍重まで馬場が悪化したが、15時前時点では良に回復。依然として外の方が馬場は良さそうだが、先週ほどの外差し馬場ではなく、中団前目の外目にいる馬がヴィクトリーポジションか

ソダシはスムーズに先行できそうだが、他の先団勢からのマークがきつくなりそうで、最後まで踏ん張れるか微妙

セリフォスは前走で仕上がっており、今回上積み疑問、それに斤量2キロ増で前走2~3着馬に逆転されても…

ダノンスコーピオンは今回ハマりそうな位置で競馬ができそうだが、ちょっと枠が外過ぎるか…。先週の馬場だったら歓迎なのだが

ソウルラッシュは時計のかかる馬場は歓迎だが、スタートが速くなく、位置が後ろ過ぎると差し届かない可能性も。ただ勝ち負けになる力は持っている

ジャスティンカフェも後方からの競馬になるので差し届かない可能性が…。それにこの馬の場合はキレイな馬場の方が力を発揮できるか

サリオスは4歳時は馬場の悪い内を走ったり、直線で狭いとこに入ったりで不完全燃焼の負けが続いたが、スムーズに走れれば安田記念(3着)・毎日王冠(1着)ぐらい走れる

鞍上にムーアを迎えた事で前目で競馬をするだろうし、サリオスを本命に…

と考えたのだが、安田記念でそのサリオスを完調前の状態で先着したシュネルマイスター(2着)の地力を上と評価してこちらを本命にする

昨年のマイルCSは馬場の悪い内から伸びて強い強いグランアレグリアに抵抗。前走は明らかな叩き台で今回上積み十分、安田記念以上の状態であるのは確実だと思うので勝ち負けになるでしょう

不安点は前目で競馬ができる馬では無いので位置が悪くなってしまうと厳しくなると思うが、ルメールさんの腕を信じるしかねえだ…



◎シュネルマイスター
○サリオス
▲ソウルラッシュ
△ダノンスコーピオン
△セリフォス
△ダノンザキッド
△ソダシ
△ジャスティンカフェ
△ダノンザキッド
以下、ファルコニア、エアロロノア、マテンロウオリオン、ウインカーネリアン、ホウオウアマゾンまで押さえる





シュネルマイスター軸3連複流しで勝負

当てて純米大吟醸を買って、公園のベンチで寝ている見知らぬおじいさんにプレゼントしてあげようかと思います

※来週のジャパンカップは当日東京競馬場にいるため、ブログ更新しない可能性が高いので、買い目はTwitterの方に乗せときます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です