2022.9.25 東京ヤクルト×横浜DeNA 神宮球場



昨年現地で観れなかったリーグ優勝の瞬間を今年こそはこの視力0.7の乱視の目でしっかり球場で観ようと、該当試合になりそうな9月23&25日の試合のチケットを発売日に購入

マジック4で迎えた9月23日のベイスターズ戦は、雨で濡れてしんどいわ、序盤に失点を重ねるわ…。良いとこ無しで惨敗(観戦ブログ

よって私が25日に優勝を観れる条件は、24日の試合でスワローズが勝利するしかなかったのだが!

スワローズ先発サイスニードが試合開始90分順延にも負けず好投してくれたおかげでスワローズ快勝





マジック2、今日勝てばスワローズ優勝

条件は揃った…

やはり神は私に「優勝を観ろ」と仰っているのだろう…

今日の私の席は普段の外野の一番安い席ではなく、残っていたCREW招待券ポイントを使って、私のようなきたねえ低所得じじいには似合わない『内野S2指定席』での観戦

神は私に「あんた、貧困で今後も悲惨な人生確定で可哀想だから、今日ぐらいは良い席で優勝観たらいいじゃん」と仰っているのだろう…

完全に条件が整った…

ウキウキ気分で90年代の小柳ルミ子さん&大澄賢也さんのような軽やかなダンスステップで神宮球場へ…

向かいたかったのだが、この日の中央競馬は-10,000円の大惨敗。そしてボートレースはヤングダービー優勝戦を購入して、買い目に入れていた1-3-4体形で最終コーナーを迎え、的中を確信していたのだが、その最終コーナーで3号艇がターンしきれず4号艇の走路を妨害、両艇ともストップして舟券圏外にゴール目前でいなくなるという地獄の外れ方で終了…

重た~い足取りのスーパー不愉快な気分で神宮球場へ向かう…

せめてスワローズは今日優勝して気分良くさせてくれよ…





ただ今日のベイスターズ先発は難敵今永

序盤から152キロが出ていて球がうなっている。ただ中5日の影響なのか四球がいつもより多い印象

そこにつけ込みたかったが、エース今永は崩れない…。そして3回以降は調子が尻上がりで手が出ない…

彼はピッチングもインタビューの受け答えも素晴らしいし、文句がねえだ…

こうなりゃ球数をたくさん投げさせ、6回ぐらいで交代してもらうしかない





スワローズ先発小川も1回は三者凡退に抑え好スタート。初回スムーズのライアンは期待できる!と確信していたのだが、2回表にソトにめちゃくちゃ粘られ13球投げさせれ、球数が多くなる

2回終わって両先発とも球数44球

この感じだとライアンも6回ぐらいまでか…

ちなみにライアンだって声は小さめですがインタビューの受け答えは真面目さ&誠実さが出て素晴らしいんです…





こんな時こそ神様の一発で試合を動かしてほしいのだが、相変わらずの調子の悪さ…

好調時と比較して空振りも増え、打率も降下

結果的に無事三冠王になったが、この時は首位打者タイトルは危ないんじゃないかと思っていたぐらい

日米問わずどんなすごいバッターでも打てる(調子)バイオリズムは決まっていて、神様でも例外ではなく、8月までの高度安定していた調子の跳ね返りが今になって来てるんですかね…





0-0のまま試合は終盤へ

通常の試合観戦ならば、「早く帰りたいので21時までに終わってくれ」などとブツブツ心の中でつぶやいているのだが、この日に関しては「遅くなってもいいから優勝を今日決めてくれ!」という気持ち

終電が無くなっても青梅街道歩いて帰るんだよ!!

投手戦となり、ライアンは6回、今永は7回で共に無失点で降板

優勝がかかっているせいなのか重たい試合展開で、この後どっちのチームに転ぶか判断しづらい状況

そして9回裏まで来てしまった…

スワローズはすでに石山・清水・マクガフと投入しており、これ以上長期戦になると投手力的にしんどい…

少しでも早いうちに…と思っていたら、先頭オスナが横浜3番手エスコバーからショートへの深いゴロを打ち、全力疾走でセーフ。ノーアウト1塁





ここで代走塩見

あれ???

塩見は前日の試合で走塁中に足を滑らせ故障してスタメンを外れたのかと思っていたが…

代走で出れるんだったら今日もスタメンで使ったらよかったのに…

中村がバントを決めて1アウト2塁

ただこの後が途中出場の丸山、長岡と続き、正直しんどい打順の巡り合わせに…

青木はすでに代打で使っている…。じゃあ丸山に他の代打を出したとしても、今度はディフェンス面で不安が出てくるか…

試合はまだ決まりそうにないか…





丸山選手…

丸山様、大変失礼致しました…





丸山様のおかげで昨年のリベンジを果たし、2015年以来自身二度目のリーグ優勝胴上げを生で拝むことができました

しかも内野席で拝めたってのが、私が持っているとしか言いようがない

これで日中の競馬・ボートレースのストレスも浄化されます…

丸山様、ありがとうございました





優勝が決まってから知ったのだが、このあとグラウンド内でビールかけをやるとのこと

コロナ的にもうOKな感じなんだね…

グラウンド内でのビールかけは2015年の時もスタンドから観ているので、私は知っている…

共同会見が行われた後にビールかけが行われるので、ここからすげ~待たされることを…

そしてビールかけ開始後は、大型モニターはあるものの遠方から眺めているので余り状況が伝わってこない





ビールかけ開始後、ちょっとだけ様子を眺めて球場を後にする

胴上げさえ見られれば、それで十分です…

感無量です

行きのスーパー不愉快な気分とは違い、帰りの千駄ヶ谷駅への足取りは、まさに90年代の小柳ルミ子さん&大澄賢也さんの軽やかなダンスステップそのものであった



2022年スワローズ戦観戦成績14戦6勝8敗



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA