2020宝塚記念

6月14日(日)に馬券的大惨敗し、その日の夜にメインで使っているクレジットカードをどこかに落として紛失。運気が底辺まで落ちたが、先週21日(日)に函館スプリントSとユニコーンSでそれぞれ三連複万馬券的中。低所得おじさんの運気はV字回復したと思いたいとこだが…



【低所得おじさんの過去5年の安田記念馬券成績】
2015 はずれ
2016 はずれ
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 はずれ

ドゥラメンテ・ゴールドシップ・キタサンブラックなどの大人気馬を本命にしたら負けられるし、予想をひねってゼーヴィント・エタリオウなどを本命にしたら普通に来ない…。このレースが最後に当たったのが2005年(三連複163.2倍的中)で14連敗中

何か厳しそうだで…



今年の宝塚記念はサートゥルナーリアvs大阪杯組という構図になっているが、大阪杯は少頭数だった上に内前決着でレース内容的には凡戦で、勝ったラッキーライラックは内をロス無く回り、恵まれたとこがあったので強さは認めるものの着順通り評価するのは危ないと見ている

大阪杯組で評価するなら外を回った2着クロノジェネシス、後ろから外を回してして惨敗したブラストワンピースの巻き返し辺りであろうか。ただブラストワンピースの18番枠はどうかるか…



地力ならサートゥルナーリアで疑いようがないのだが、この馬もわからないとこがあって、東京(地下馬道)がダメなのか、気の悪さが影響してるのか、あっさり負けるシーンも多々ある。ただ中山で強い走りをしているので阪神内回りという舞台は悪く無い

あとは道悪が大丈夫かどうか…

良馬場ならこの馬から素直に入ろうかと思ったが、この文を書いている15時前で阪神はまた雨が降ってきて良から稍重へ…



道悪で上がりのかかる馬場になって良さそうなのが母系にメジロ血統を持つグローリーヴェイズ。昨年の天皇賞(春)のフィエールマンとのマッチレースは好内容。香港でも快勝しているように、地力ならこの中でもトップクラス

問題は昨年暮れの香港以来のレースで今年ドバイとんぼ帰り後の体調がどうなのかだが、天栄でしっかりやっているみたいだし、動きも問題無さそうなので、こちらから狙ってみる

それにこのレースは海外帰りの馬も結構走っているのも良し

トラックバイアスを考えると後ろになると厳しいのだが、レーンの去年のような奇策が炸裂してくれると信じたい!!



◎グローリーヴェイズ
〇サートゥルナーリア
▲キセキ
△クロノジェネシス
△ワグネリアン
△ラッキーライラック
△ブラストワンピース
以下、ダンビュライト、カデナ、スティッフェリオ、ペルシアンナイト、トーセンカンビーナ、モズベッロ、レッドジェニアルまで









グローリーヴェイズ軸三連複流しで勝負


当てて高級整腸薬を買って、腹の調子を良くしようかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です