2020秋華賞



まずは前回のGⅠスプリンターズSの振り返りから

万馬券的中も微増止まり。臭い馬がたくさんいて絞り切れなかったが、今秋は『トリガミでもいいから幅広く買う』をテーマでやっているので小銭でも増えたのは良しとしよう。だって低所得おじさんにとって小銭でもかけがえのない銭だもの・・・

逃げるモズスーパーフレアにビアンフェが絡んで激流となり、4角後方二番手のグランアレグリアと最後方アウィルアウェイが1・3着まで浮上。展開のアシストもあったがグランアレグリアの脚は一頭だけ次元が違っただ・・・。次は適距離のマイル(マイルCS)になりもっとパフォーマンスを上げてきそうだ

そして3着アウィルアウェイ、この馬は輸送が全くダメで栗東から近い京都専用馬的なキャラだったが、前走の小倉といい、今回の中山と輸送競馬でも力を出せるようになってきた。最後の脚は確実で展開次第では今後も馬券の出番がありそうだ



【低所得おじさんの過去3年の秋華賞馬券成績】
2017 三連複31.4倍的中
2018 三連単56.0倍的中
2019 三連複151.7倍的中

三年連続的中で好相性。近年は地力のある馬が結果を残しており、比較的堅く当てやすいレースといった傾向であろうか。今年も一頭抜けてる馬がいるからな・・・



無敗の二冠馬デアリングタクトが一本被りの人気。桜花賞では道悪の中、一頭だけ後方から伸びてきて差し切り。オークスでは道中・直線とスムーズさを欠きながらも地力の違いで差し切り。これまでに戦ってきた相手を圧倒しており、すでに他馬とは勝負付けが済んでいる感もある

夏の上がり馬がいればそちらに注目しようかとも思ったが、紫苑SもローズSもレース内容がイマイチでデアリングタクトを脅かす馬は見当たらなかった

ただ後ろからの競馬になりそうなデアリングタクトにとって京都内回りは試練で、オークスは広い東京コースだから差し切れたが京都内回りでオークスのような競馬をやったらアウトだろう。1~2枠の内枠に入ったら別馬から買おうかと思ったが、スムーズに回れそうな外目の枠に・・・

それに土曜のレースを見る限り、芝コースは外差し傾向にある

もう逆らえないね・・・



ただデアリングタクト以外は拮抗しているので多少の紐荒れはあると見る

紫苑Sを勝ったマルターズディオサは内をロス無く回る先行で展開的にも楽な競馬だったし、ローズSを快勝したリアアメリアもマイペース先行で楽な競馬だった。それにこの馬は前走こそ前で競馬ができたが、それ以前はスタートが悪い馬で今回も前で競馬ができるかは微妙。2番枠もこの馬にとってはリスキーだろう。右回りに替わるのも未知数か・・・

逆に積極的に買いたいのは、前走出遅れて外を回るロスがありながら詰めてきたウインマイティー。素質は秘めながらも春は馬場のせいなのかチグハグな競馬が続いたミヤマザクラ。叩き二走目で上積みありそうなクラヴァシュドール。小回り・道悪で浮上してきそうなパラスアテナ

とりあえず低所得おじさんのテーマでもある『トリガミでもいいから幅広く買う』で臭い馬を拾って狙っていこうと思う



◎デアリングタクト
○ウインマイティー
▲ミヤマザクラ
△クラヴァシュドール
△マルターズディオサ
△リアアメリア
△パラスアテナ
以下、マジックキャッスル、ウインマリリン、ソフトフルート、ムジカ、オーマイダーリンまで抑える








デアリングタクト軸の三連複流しでトリガミ上等



当ててエクレアを60本買って歯が痛くなるまで食べようかと思います



【競馬note】https://note.com/b_nagayoshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。