2020マイルチャンピオンシップ



まずは先週のエリザベス女王杯の振り返りから…

振り返りたくもない悪夢だったが、本命ノームコアがまさか逃げるとは…

この鞍上だから奇策に走る可能性も考えられるのたが…。大阪杯の時も同じ萩原厩舎のダノンキングリーでも逃げたわけだが、誰も行かないからって別に逃げなくてもさぁ…

逃げるんだったら最初から本命になんかしねえだ…

馬も低所得おじさんも不完全燃焼、今週こそ…





【低所得おじさんの過去3年のマイルCS成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 三連複32.0倍的中

去年こそ的中したが、2012年(サダムパテック本命)以来の的中で相性としてはイマイチのレース…。ただ今年は阪神開催なので今までとは違った形になれば…



今年のマイルCSは香港遠征を断念した馬も多く、マイル強豪馬が勢揃いの豪華一戦となった。その中でも能力はグランアレグリアが抜けており、疑う余地は無い。人気でも仕方がねえだ…

スプリンターズSは出遅れて、展開のアシストもあっての後方差し切りだったが、最後の脚は物が違った。前走出遅れたスタートも適距離のマイルに替われば、前走みたいに置かれるようなことは無いと思うし、楽に中団ぐらいの位置につけれるので外回りの直線で末脚が炸裂する



対抗はインディチャンプ。スプリンターS回避など中間順調さを欠いたことが気になるが、状態が戻っていればグランアレグリア以上に軸としては信頼できる

3歳馬サリオスだが、前走毎日王冠は快勝だったが相手が弱かったので素直に評価するのはちょっと危険か…。ただまだ伸びしろはありそうなので軽視はできない

同じく3歳馬レシステンシアは調教の動きは抜群だが、NHKマイル以来のレースで中間一頓挫あったのも気になる…。今回展開は向きそうだが、目標にもされそうで厳しいか…

ラウダシオンはNHKマイルはレシステンシアをマークして展開も向いた勝利。ただ前走富士Sは56キロを背負いながらも前での踏ん張りは好内容であった。少し評価を上げたい

前走からの上積み期待のアドマイヤマーズ、前走馬場の悪いところを走らされたサウンドキアラの巻き返し、ヴァンドギャルドの素質、この辺りまで注目する



◎グランアレグリア
○インディチャンプ
▲サリオス
△アドマイヤマーズ
△ヴァンドギャルド
△ラウダシオン
△サウンドキアラ
以下、レシステンシア、スカーレットカラー、ケイアイノーテック、ペルシアンナイトまで押さえる





グランアレグリア軸三連複流しで小銭稼ぎ



当ててホールケーキを買って一人で土手で食べようかと思います



【競馬note】https://note.com/b_nagayoshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です