2020有馬記念


まずは昨日のホープフルSの振り返りから…

昨日は現地中山競馬場で観戦。スタンド上段から三浦皇成初GⅠ制覇なるかと応援していたのだが…

競馬って何が起こるかわからいね…

逃げる馬がおらず押し出される感じでハナを切ったが、3角辺りの手応えは抜群でこのまま押し切れるかと思ってたら、コーナーを曲がらず、中山競馬場向かいにあるビッグボーイの方に走り出して行った…

ハンバーグが食べたかったのかな…

昨日で私の2020年競馬が終わってしまいましたが、有馬記念なんとかやってみます…





【低所得おじさんの過去3年の有馬記念馬券成績】
2017 はずれ
2018 三連複49.1倍的中
2019 はずれ

本命から買っても外れるし、スケベ心を出して買っても外れる…。あまり相性が良いレースではなく、今年もどうでしょうか…

私は昨日のランドオブリバティで終わってしまっているので…



荒れ馬場で時計もかかっているのでクロノジェネシス向きだと思うが、2000~2400mがベストでさらなる距離延長がどうであろうか…。鞍上も中山芝2500mが乏しく…と書こうと思ってたら、今日の中山8Rディアスティマで大外枠から内に入れてマイペース逃げ切り勝利…。ただ昨年までは大舞台で勝負弱い印象もあり、GⅠでファン投票1位&1番人気の馬に乗るプレッシャーに負けずに乗れるかどうか…



ならば信頼と実績のルメールさんが乗るフィエールマンが2番人気でおいしいのでこちらから狙う

この馬の不安は広いコース向きで中山のような直線短いコースだと差し損ねる感があるのだが、昨年の有馬記念は差し展開になった中で早めに動いて最後まで粘る強い内容の4着だった。昨年1着リスグラシュー・2着サートゥルナーリアは不在、3着ワールドプレミアは展開に恵まれたので、フィエールマンが繰り上がって今年のメンバーなら上位となる



トラックバイアスが内前有利で外枠は痛いし、脚質的にも後ろからになるので途中で脚を使わざるを得ないので難しい競馬にはなりそうなのだが、昨年の天皇賞(春)ではコーナーで加速して抜け出し。今年の天皇賞(春)は大外枠から途中内に入れて競馬ができている

ルメールさんもエリザベス女王杯では大外枠のラッキーライラックを見事に捌いて勝利。阪神JFもスタートが悪いサトノレイナスも上位に持ってきたし、昨日のホープフルSでもゲートが悪いオーソクレースを2着に持ってきてた

もうルメールさんの腕を信じるだけです…



◎フィエールマン
○カレンブーケドール
▲クロノジェネシス
△ラッキーライラック
△ワールドプレミア
△ラヴズオンリーユー
以下、キセキ、バビット、サラキア、ブラストワンピース、オーソリティまで押さえる





フィエールマン軸三連複流しで勝負



当ててランドオブリバティと一緒にハンバーグを食べます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です