2021菊花賞



まずは先週のGⅠ秋華賞の振り返りから…

本命ファインルージュは中団より後ろでじっと我慢して、3角過ぎで外から動いて直線は持ち前のキレ脚を発揮して2着。ちょっと後ろ過ぎるかと思ったが、ルメールさんは早めに動いたらスタミナ的に危ないと思ったかどうかは分からないが、後方でじっとしていても上位にもってくるところはさすがであった

ソダシは勝負どころで逃げるエイシンヒテンを捕まえにいって勝ちパターンかと思ったが、直線の伸びが案外。歯が折れてた事が原因なのか…。それとも単純に坂コースの阪神芝2000mが長かったか…

まぁファインルージュから買っている身としては、ソダシが飛んでくれたのは好都合だったのだが、紐荒れせず上位人気決着で私は微増的中止まり…

外れなかっただけ良しとして、この的中の流れを菊花賞へつなげる



【低所得おじさんの過去5年の菊花賞馬券成績】
2016 はずれ
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 三連複30.7倍的中
2020 三連複38.1倍的中

近2年は当たっているが、今年は阪神開催での芝3000m。京都の平坦外回りと阪神内回りでは全く違うので別物と考えた方がいいだろう。それに今年は実力拮抗で非常に馬券妙味がありそう

今年こそが人生逆転のチャンスなのかもしれない…

では低所得おじさんの菊花賞の予想へ





皐月賞・日本ダービーの勝ち馬不在で大混戦・大難解な菊花賞

1番人気(ブログ更新時点)はステラヴェローチェ。GⅠでも崩れてなく、父バゴで長距離向きということで売れているのだと思うが、個人的にはパワー型で道悪は得意であっても3000mを超す距離は長いと思っている。それに器用さが無いので阪神内回りで踏み遅れる可能性も無きにしも非ず

長距離適性ならレッドジェネシスだろう。友道厩舎もこのレース大得意で枠も内に入った。条件は揃っているが、今までは楽なメンバーに勝ってきたところはあるので相手強化になるとどうなるか…。ただ今回も強い馬は出ていないのでやれそうだが…

この二頭以外となるとオーソクレースとなるか

元々はホープフルSでダノンザキッドと僅差の2着。決してレースレベルが高かったとも思わないが、世代上位の存在であったのは間違いなく、骨折さえしていなければ皐月賞・ダービーでも上位争いができていたはず

前走セントライト記念は骨折怪我明けでの出走だったが3着。今回初めての短期間競馬となるが1回使った上積みはあるはず。距離も未知数だがエピファネイア×マリアライトの血統で字面的には問題無さそう

問題は大外枠。終始外を回されるようなら終了だが、縦長になるだろうし、そこそこな内目には入れるはず。そこは天下のルメールさんが乗るんだから考えているでしょう。昨年のエリザベス女王杯、距離は違えども大外枠でラッキーライラックを勝たせた腕前を今回も見せてください!



◎オーソクレース
○レッドジェネシス
▲ステラヴェローチェ
△アサマノイタズラ
△ヴァイスメテオール
△タイトルホルダー
△ヴィクティファルス
△エアサージュ
以下、グラティアス、ディープモンスター、モンテディオ、ディヴァインラヴ、ノースザワールドまで押さえる





オーソクレース軸三連複流しで勝負



当ててぶ厚い高級枕を買って臭い枕とはおさらばしようと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。