2021マイルチャンピオンシップ



まずは先週のGⅠエリザベス女王杯の振り返りから…

ウインキートスの地力に期待してみたのだが、私の見る目がありませんでした…

前に厳しい流れの中団待機で悪い位置ではないと思ったのだが、直線の伸び案外。勝負どころで外を回ったのがロスになった…といっても勝ったアカイイトも2着ステラリアも外を回っていたわけで、トラックバイアス的にも外の方が良い馬場だったはず…

結果的にこの馬は脚質的に差し競馬をやっても味が出ないということだろうか…。ただ前目で競馬をしていても展開が厳しくなっただろうし…

どちらにせよ、ノーチャンスの馬を軸にしてしまったんだよ…

しょっぱい予想をした私も昨日しょっぱい試合をしたスワローズも切り替えるしかない



【低所得おじさんの過去5年のマイルCS馬券成績】
2016 はずれ
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 三連複32.0倍的中
2020 三連複16.1倍的中

一応近2年は当たっているが、ほとんど儲けが出ていない状況であり、あまり良いイメージは無い。上位人気馬決着の傾向が強くなっており、今年のメンバーを見てもそんな感じが…

それでは低所得おじさんのマイルチャンピオンシップの予想へ





本命はグランアレグリアで仕方が無い

強さについては今更書くことはないが、地力ダントツであとは輸送を含む中2週のローテーションをこなせるかどうかだけだと思っている

今年の安田記念の時が中2週競馬。短期間競馬の影響かどうかはわからないが、いつもより位置が取れず後方になり2着に敗れた。ただ道中~直線とスムーズだったら勝てていたような内容だったので、短期間競馬が全然ダメだとは思わない。それにこの時は前走ヴィクトリアマイル後に蹄に不安が出たとか…

安田記念時と比べたら中間も順調そうで、輸送があるにも関わらず調教本数も多い。グランアレグリアは今回で引退、そして藤沢先生もラストイヤーなのでお釣りの無い究極仕上げということかも…。調教やりすぎが裏目となる可能性もあるが…

とにかく安田記念程度のパフォーマンスが出せれば勝てると思っているので大丈夫でしょう

外伸び馬場の外目の枠も好都合だし、グランアレグリアの好舞台が整った



◎グランアレグリア
○シュネルマイスター
▲カテドラル
△サリオス
△グレナディアガーズ
△ダノンザキッド
以下、インディチャンプ、ロータスランド、サウンドキアラ、ケイデンスコール、ホウオウアマゾンまで押さえる





グランアレグリア軸の三連複流しで勝負



当ててホールケーキを買って、公園のベンチに座っている知らないおじさんに差し上げようかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

2021ジャパンカップ