2021阪神ジュベナイルフィリーズ



まずは先週のGⅠチャンピオンズカップの振り返りから…

二年連続でチュウワウィザードを本命にし、二連連続で万馬券的中。チュウワウィザードと戸崎さん様々です。ただ昨年より枠が外だったことで位置が取れず後方になったのが痛かった。それでも2着まで来るのだから立派な内容だろう。川崎記念辺りでもうひと花咲かせてもらいたい

勝ったテーオーケインズは好枠・好位置と向いた条件ではあったが、思ってた以上に強かった。東京大賞典でオメガパフュームを再び破って本当に強いと判断したかったが、どうやら出ないとのこと。来年期待しましょう



【低所得おじさんの過去5年の阪神JF馬券成績】
2016 はずれ
2017 単勝4.1倍&三連複21.6倍的中
2018 三連複13.1倍的中
2019 はずれ
2020 はずれ

本命馬は来るが相手が来ない。当たるが上位決着。要するに相性が悪いのだが、今年は馬券的に面白くなりそうなので何とかしたい…。小銭的中でもいいから…

それでは低所得おじさんの阪神ジュベナイルフィリーズの予想へ





ナミュールの前走赤松賞のパフォーマンスを見てしまうとGⅠ級の可能性があり、逆らえないような気もするが、今回は輸送を挟んでの中2週のローテーション。小柄な牝馬で-10キロも気になる…

外枠17番も長期開催で内が荒れてきているとはいえ、スタートがそこまで良くないナミュールにとってはプラスと言えないだろう

リスクが存在するのも確かなので今回は別馬から狙ってみる。これで勝たれてしまったら、来年は逆らいません…

本命はサークルオブライフ

デビュー戦は勝ったイクイノックス(後に東スポ杯制覇)が強かったが、馬場の悪い内を走りながらも3着と健闘。2戦目は出遅れてまくりのチグハグ競馬になったが地力の違いで快勝。前走アルテミスSは直線外から良い脚で先団勢を捕らえて差し切り。前決着だった中で強さが際立った

今回のメンバーを見渡すと、ナミュール以外に強烈なライバルがいないので地力上位となるだろう

右回りも経験済みで広いコース大歓迎。課題はスタートの不安定さだが、真ん中の10番に入ったので競馬はしやすいはず

関東馬で輸送があるわけだが、馬体重増減無し。経験豊富な国枝厩舎なので問題無いでしょう

ミルコさんも弟が来ているので良いとこを見せたいでしょうし、頑張ってもらいましょうよ



◎サークルオブライフ
○ナミュール
▲ベルクレスタ
△ウォーターナビレア
△ステルナティーア
△ナムラクレア
△キミワクイーン
以下、ラブリイユアアイズ、パーソナルハイ、アネゴハダ、タナザウィング、スタティスティクスまで押さえる





サークルオブライフ軸三連複流しで勝負



当てて体を壊すぐらい高いアイスを食べようかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です