2022大阪杯



まずは先週のGⅠ高松宮記念の振り返りから…

無難にレシステンシアを本命にしたのだが、スタートで他に積極的に逃げる馬がおらず、ハナに押し出される形になってしまったことがきつい形になってしまった。モズスーパーフレアやビアンフェなどの引っ張ってくれる馬がいてくれた方が番手で運べて好都合だったか…

あと大幅馬体増も直線の粘りの無さを見る限りは大きく影響していたか…

馬体重発表の時点でもっと疑うべきであった…

フェブラリーS・高松宮記念と質の悪い予想をしてしまったので、両乳首が隆起するぐらい自分を奮い立たせて大阪杯に臨む



【低所得おじさんの過去5年の大阪杯馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 三連複107.4倍的中
2020 はずれ
2021 はずれ

2019年は万馬券的中しているが好印象は無い。低評価にした人気馬にことごとく勝たれている印象

ただ2017年にGⅠ昇格後、2年連続外れ→的中→2年連続外れと来ているので今年はそういうことだよな…

それでは低所得おじさんの大阪杯予想へ





破竹の勢いのジャックドールがGⅠ初挑戦。内枠偶数番の絶好枠ですんなり前で競馬ができそうだが、アフリカンゴールド・レイパパレ・ショウナンバルディ辺りの同型馬が簡単に逃げさすとは思えない

斤量57キロも初めてで、前走金鯱賞で同斤だったレイパパレ(2着)とは2キロ重い斤量となり、今回は差も縮まるだろう。目標にされやすい脚質なので今回は嫌ってみてもいいかもしれない。しかし、内前優勢のトラックバイアスが大いに味方しそうなので上位着順にはいそうだが…

前走から斤量が軽くなるレイパパレは、前走番手先行のお利口な競馬ができての2着は評価できるのだが、昨年の大阪杯・宝塚記念の好走は馬場・展開の恵まれだと思っているのでそこまで強い馬だとは思っていない。距離も2000mはこなせるがギリギリの印象。初の短期間競馬も気になる…

そうなるとエフフォーリアで仕方が無いか…

ベストは東京芝2000mの広いコースだと思うが、中山でも器用に立ち回っており、阪神内回りでも問題無いはず。昨年デキ落ちだった有馬記念をあっさり勝ってしまうのだがら、今回9割ぐらいのデキでも大丈夫でしょう

初の関西輸送は気になるところだが、地力の違いと武史くんの捌きに期待してみる

武史!!先週のレシステンシアのリベンジはここしかねえだ!!



◎エフフォーリア
○ポタジェ
▲レイパパレ
△ジャックドール
△ウインマリリン
△ヒシイグアス
以下、アカイイト、キングオブコージ、アリーヴォ、ヒュミドール、ステラリア、スカーフェイスまで押さえる





エフフォーリア軸三連複&ワイド流しで勝負



当ててそこそこなスーツを買って立派な人間ぶろうかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。