2022安田記念



まずは先週のGⅠ日本ダービーの振り返りから…

東京競馬場の指定席で観戦。場内は武豊さんの勝利で祝福ムードだったが、私は全く喜べず、無表情でドウデュースのウイニングランを観ることしかできなかった…

本命ダノンベルーガはスタートはそこそこ決めたものの、道中はジオグリフに執拗に外から蓋をされ、勝負どころも後手となり、直線は内に切り替え3着馬を捕らえ切れず…

上位2頭には現状力負けだが、3着アスクビクターモアを捕らえ切れなかったのは、スムーズな進路で運べなかったことも大きかったが、調整過程で1週前追い切りで仕上げすぎたのが良くなかったか…。レース前も発汗していたし…

勝ったドウデュースは皐月賞同様の脚を炸裂させ強さを見せたが、イクイノックスの枠がもう少し内だったら逆転も十分あったか

しょっぱい馬券を買っちまっただ…。猛省



【低所得おじさんの過去5年の安田記念馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 はずれ
2020 三連複8.4倍的中
2021 三連複88.6倍的中

安田記念どうのこうのじゃなく、今年のGⅠ馬券成績が悪すぎるので、景気のいい言葉が出てきません…

1,000円、いや500円で良いんだよ…。プラスにさえなってくれれば…


それでは低所得おじさんの2022年安田記念の予想へ





地力ならシュネルマイスターが断然と見ているが、前走のドバイターフの走りが案外過ぎて引っかかる…。陣営は調整ミスと言っているがそれでも良いとこが無かった

ただ国内に戻れば元の強いシュネルマイスターに戻る可能性はあるのだが、今回は太め残りでの出走になりそう。当日の馬体重も昨年のマイルCSから+10キロ。地力だけでも好走できそうなのだが、疑わしい要素も多々あるので思い切って別馬から狙ってみる

勢いならイルーシヴパンサーなのだが、東京新聞杯からのローテは少し空きすぎな気がするのと、鞍上的にGⅠで信頼するのはちょっと…。後方決め打ちで乗ると届かないイメージも…

ソングライン・ファインルージュの牝馬二頭はヴィクトリアマイルでも負けて強しの内容だったのだが中2週の上積み疑問。アーモンドアイ・グランアレグリアといった名牝でもこのローテで勝ち切れていない

人気上位馬それぞれに不安要素があるので、ここは思い切ってソウルラッシュから狙ってみる

マイルを使いだして一変。中京・中山・阪神とコース問わずに強い勝ち方をして4連勝。特に前走マイラーズCでは前決着の中で後方外から良い脚で差し切りの強い内容。今回相手が一気に強くなるのだが、ソウルラッシュ自身も進化している最中なので通用する可能性もあるか

脚質的にも中団前でも競馬できるので、外枠からスタートを決めて好位で回ってこれれば直線抜け出すシーンも

問題は高速決着に対応できるかどうか…。そこは未知数なのだが、先にも書いたが進化しているこの馬の可能性を信じるしかない…

鞍上も調教師も近年は影を潜め気味なのでここで頑張ってほしい



◎ソウルラッシュ
○シュネルマイスター
▲イルーシヴパンサー
△ファインルージュ
△ソングライン
△サリオス
△ヴァンドギャルド
以下、カラテ、ダノンザキッド、セリフォス、エアロロノア、レシステンシア、ホウオウアマゾン、カテドラル、ロータスランドまで押さえる





ソウルラッシュ軸三連複流しで勝負



当てて高級ホテルのビュッフェで人生の思い出を作ろうかと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です