2022菊花賞



まずは前回ブログのスプリンターズSとブログ更新ができなかった秋華賞の振り返りから…

スプリンターズS本命のナムラクレアは内有利馬場で外回って終了…。浜中さんも前日土曜中山騎乗で内差し勝ちを決めたりと乗りに乗れていたので期待したのだが、ワンターンの9番枠から内に潜り込むのは難しかったか…

そして先週の秋華賞。当日は東京から鈍行列車に乗って阪神競馬場に旅打ちに行っていたのでブログ更新できず(旅打ち記はのちにブログに書きます)

本命はナミュール。外回しの厳しい形になったが地力で2着まで来てくれた。ただ1~3番人気決着でトリガミ、何も楽しくない旅打ちとなった…。スターズオンアースが直線で詰まってメモリーレゾンが3着だったら…

秋GⅠもしょっぱいスタートになったので菊花賞で何とか…



【低所得おじさんの過去5年の菊花賞馬券成績】
2017 はずれ
2018 はずれ
2019 3連複30.7倍的中
2020 3連複38.1倍的中
2021 3連複146.1倍的中

2019年以前は絶望的に相性が悪いレースだったが、近3年は息を吹き返す。昨年阪神開催の菊花賞で万馬券が獲れたので今年も…

それでは低所得おじさんの2022年菊花賞予想へ





ジオグリフ・ドウデュース・イクイノックス・ダノンベルーガと春の実績馬不在で抜けた馬がいない今回の菊花賞。上位人気7~8頭に勝つチャンスがありそうで難解なレース

トライアルの神戸新聞杯はトラックバイアスが左右した低レベルな内容の結果で、勝ったジャスティンパレスは内を回って前目の位置が恵まれた。このレースで評価するなら4角大外を回りながらも最後まで伸びた3着ボルドグフーシュ、後方のまま何もできず直線は外を通りながらも伸びた5着ヴェローナシチー、そして全然仕上がってなかった8着プラダリアだろう

もうひとつのトライアル・セントライト記念は、ガイアフォースが3角外から上がって直線で春の実績馬アスクビクターモアを捕らえる強い勝ち方。ただ前走である程度仕上がってた印象で今回上積みがあるかどうか…。ならば前哨戦仕上げだったアスクビクターモアの方が今回十分に上積みがありそう。しかし、距離が未知数なのと鞍上のGⅠでの信頼度がどうも…

こういったことから、今回は神戸新聞杯で負けた組を上位と見ることにする

ボルドグフーシュは春の京都新聞杯も神戸新聞杯でも強い内容だったが、前に行けないので阪神内回りで器用に立ち回れるかが疑問。大跳びだし…

プラダリアは前回とは全く違い、今回は仕上がっており上積み期待できる。内枠で中団より前目の位置で競馬ができそうなので好条件が揃っているが…

それ以上にヴェローナシチーの巻き返しを期待してこちらを本命にする

春の京都新聞杯は4角外まくりの早仕掛けのきつい競馬だったが最後まで踏ん張っての2着。距離が延びてさらに良さそうなので今回が適舞台

前走神戸新聞杯でも本命にしていたのだが、先にも書いた通り、後方で何もできず、直線は外を通ってジリ伸び止まりの5着。ただ今回は鞍上強化の川田さんに乗り替わり。もう少し上手に乗ってくれたら、もっとやれそうなので鞍上含め期待したい



◎ヴェローナシチー
○プラダリア
▲ガイアフォース
△ボルドグフーシュ
△アスクビクターモア
△ディナースタ
△セレシオン
△ドゥラドーレス
以下、アスクワイルドモア、ジャスティンパレス、フェーングロッテン、ヤマニンゼスト、セイウンハーデスまで押さえる





ヴェローナシチー軸3連複流しで勝負



当てて胃に穴があくまで甘いジュースを飲もうかと思います


※次回天皇賞(秋)は現地東京競馬場に行くため、ブログはお休みさせていただきます。予想はTwitterの方に乗せときます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です